遊戯王OCGカード考察:《皆既月蝕(かいきげっしょく)の書》月の書版ツインツイスターとも言うべきカード

今回紹介するのはLIGHTNING OVERDRIVE(ライトニング・オーバードライブ)よりこのカードです。

 

カード説明

皆既月蝕の書
速攻魔法
①:手札を1枚捨て、
フィールドの表側表示モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする

wiki

 

汎用の速攻魔法です。

名前から相当意識していますが皆既日蝕の書に非常によく似たデザインです。

あちらが黒みがかった赤の本に対しこちらが白みがかった青と色も対を意識しています。

 

スポンサーリンク

手札を1枚すてて2体を裏側守備表示に

①:手札を1枚捨て、
フィールドの表側表示モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする

その効果は手札を1枚捨てる事で

フィールドの表側表示モンスター2体を裏側守備表示にできるというものです。

まさに手札コストが必要になった代わりに対象が2体になった月の書といった効果で

ある意味ではツインツイスターの月の書版とも言える効果です。

昨今では1回妨害しただけでは展開が止まらないデッキも少なくない為、

2体のモンスターを同時に裏側守備表示にできるのは妨害としても意味が大きいでしょう。

 

ただしツインツイスターと違い、必ず2体を対象にしなければいけない為

フィールドにモンスターが1体しかいない場合などでは発動ができなくなります。

とはいえ、モンスターが2体以上並ばないような状況は稀なので

そこまで腐る心配はしなくても大丈夫でしょう。

 

また月の書と同様に自分モンスターを裏側守備表示にする事も可能です。

相手の場に1体しかモンスターがいない場合でも

自分と相手のモンスター1体ずつ裏側守備表示にできる点は覚えておいていいでしょう。

勿論リバースモンスターを活用するようなデッキであれば

自分のモンスター2体を裏側守備表示にするのも全然ありです。

 

手札コストを確保しやすいデッキや墓地に送りたいカードがあるデッキなどでは

通常の月の書より優先する価値はあるでしょう。

特に【ティンダングル】や【占術姫】といった

高レベルのリバースモンスターを使うテーマでは

手札に来た高レベルのリバースモンスターの処理に困るケースもあり

それらを手札から墓地へ送りつつ、リバースモンスターの再利用が狙えます。

勿論、月の書と一緒に採用してガンガン裏側守備表示を狙っていくのも全然アリです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました