遊戯王SEVENS第31話『叛逆するは我にアリ』感想

遊戯王セブンス31話の感想です。

 

前回のあらすじ:上城姉弟特殊能力『ニュータイプ空間』

 

連撃の竜でバラバラに引き裂いてやろうか?

セバスチャンのナビゲートに連れられて来た場所、それはボロボロな学校の旧校舎っぽい場所でした。

ルークは地獄の特訓を潜り抜けた成果かトロンボーンにかなり熟達しているようです。

しかしたどり着いて会場では誰もラッパ大会などやっておらず

皆黙々とラッシュデュエルをやっていました。

彼らははラッシュデュエルの創設者である遊我を見て沸き上がり、

またドローンであるカイゾーを見て怖がっています。

 

そんなチームルークに状況を説明するのは彼らのリーダー的存在、有栖川ジャンゴ。

彼はまさにデュエルジャンキーとも言える存在で

定期的にドローをしないと禁断症状を起こしてしまいます。

彼を慕う生徒達にドローをするための箱を貰ってようやく落ち着きます。また変なのでちゃった・・・

どうやらラッパデュエット大会というのは世間の目をごまかすためであり

実際には隠れてラッシュデュエルを行う闇ラッシュデュエルを行う場としていたのでした。

というのも彼は元はゴーハ6小の生徒会長でしたが

重騎デュエルクラブに敗北してカードを全て没収、生徒会も追い出されてしまったそうです。

そんな鬼柳京介みたいな境遇になってしまった彼は新聞においてラッシュデュエルの存在を知ります。

久々に物語に絡んできましたね7小新聞。

ドローの禁断症状を持っている彼にとって5枚までドローしていいラッシュデュエルは

まさに天啓とも言える存在だったようで仲間を集めた上で

旧校舎に隠れてひっそりとラッシュデュエルに励んでいる様子です。

この仲間というのが結構いて重騎デュエルクラブに抑圧された生徒が結構いるようです。

同時に生徒会長だけあって結構慕われているんでしょうねジャンゴ。

 

そしてこれも何かの縁だとラッシュデュエル創設者の遊我にデュエルを挑もうとします。

が、それに待ったをかけるのがルーク。

彼はトロンボーンの特訓を無得にされた恨みで怒りが有頂天に達しており

その憂さ晴らしのように自分がデュエルに挑戦しようとします。

ジャンゴも引き受けこうしてルークVSジャンゴのラッシュデュエルが開始されました。

 

スポンサーリンク

 

口で説明するぐらいならおれは叛逆の牙をむくだろうな

先行はジャンゴ、ドロー。

ドロージャンキーである彼はドローをしてめっちゃ快感を感じています。

そしてもう1度ドローをしようとして仲間に止められています。先行のドローは1回だけです。

冷静さを取り戻した彼は弾圧されるアリ、逃げまどうアリ、団結するアリを召喚、

カードを1枚伏せてターンエンドです。

はい、どこかで聞いたような名前のモンスターですね。レジスタンスオマージュですね。

ちなみにロミンや遊我は「そんなんアリ?」だの「アリがたい」だのダジャレを言いまくってます。

 

ルークのターン、ドローしようとしたところでジャンゴから提案が。

「俺が代わりにドローしてもいいか?」

照れた顔で言ってますが勿論ルークはダメと言います。

気を取り直してドロー、ドラゴン・バットを召喚しつつすぐさまリリース、

火口の番竜をアドバンス召喚です。

そしてカードを2枚セットした所で団結するアリを攻撃しますが

ジャンゴは罠カード「ジャイアント革命」を発動、はいOCGの大革命ですね。

効果は攻撃力100以下の昆虫族が3体いる場合に

相手のレベル8以下のモンスターを全て破壊するというものです。

これにより火口の番竜は撃破されてしまいそのままターンエンドです。

 

ジャンゴのターン、4枚ドローしてそれはもう最高にハイになってます。

そしてやっぱりまたさらにドローしようとして止められてます。

気を取り直してモンスター2体をリリースして叛逆のアリベリオンをアドバンス召喚です。

それに対してルークは罠カード「ドラゴン・エンカウント」を発動、

手札からアタック・ボルケーノ・ドラゴンを特殊召喚します。

強大なドラゴンによってアリを踏みつぶそうとするルークですが

ジャンゴはモンスターを改めて2体展開しアリベリオンの効果を発動、

攻撃力100以下の昆虫族全ての攻撃力を

そのターンの間自分のモンスターの数×800アップさせるというすさまじい効果です。

これにより攻撃力100しかなかった3体のモンスターが全て2500にまで上がります。

そして3体で一斉に攻撃、1体は竜の執念で返り討ちにするものの

続く2体目でアタック・ボルケーノ・ドラゴンは戦闘破壊され

さらに3体目でダイレクトアタックを食らい一気にライフを削られてしまいます。

ジャンゴはこれでターンエンドです。

 

俺レザーライフドラゴンで4200とか普通に出すし

ルークのターン、ドロー。

モンスターを再び展開する所でジャンゴは罠カード「アリバティ・フラッグ」を発動、

再びモンスターを3体場に並べました、つまりジャイアント革命の発動条件を満たしました。

しかしルークはそれに構わずモンスター2体をリリースして

レザーライフ・ドラゴンをアドバンス召喚します。さらにモンスター2体も召喚。

レザーライフドラゴンは元々の攻撃力こそ0なものの

墓地から通常モンスター4体をデッキに戻す事で

フィールドのモンスター×700だけ自身の攻撃力をアップさせます。

これによりレザーライフドラゴンの攻撃力はなんと4200に。

ジャンゴのモンスターの攻撃力は100なので1発KO出来る攻撃力です。

レザーライフドラゴンの攻撃に対して再びジャイアント革命を発動するものの

レザーライフドラゴンは効果を発動したターン、罠カードに対する破壊耐性もありました。

これにより攻撃はそのまま通りジャンゴのライフは0、ルークの勝利です。

 

デュエルに勝った事で恨みも晴れたルークは

中々手強かったとジャンゴに握手を求め、ジャンゴまたそれに応えます。

改めて皆でラッシュデュエルをしようと明るく締めくくろうとした所で

突如外から轟音が響き渡る事になりました。

次回へ続きます。

 

 

 

 

 

 

はい、という事でゴーハ6小でデュエルを弾圧された生徒達に出会った事で

本格的にチームルークも6小に絡んでいく事になりました。

そんな弾圧された生徒達のリーダー格を務めるのは元生徒会長の有栖川ジャンゴ。

叛逆だの革命だのを掲げる昆虫族使いと何だかとってもシンジ・ウェーバー感があります。

そんな彼のデッキはOCGに存在していた大革命デッキのアリ版です。

イラストの構図なんかも元のレジスタンスを思いっきり意識してます。

今回はルークも通常モンスターを活かした戦術を取っていたので

ある意味では通常モンスターメイン同士の対決といった感じですね。

 

スポンサーリンク

次回予告 第32話『重騎愛づる姫君』

重騎デュエルクラブは隠れて隠れてラッシュデュエルをしていたゴーハ6小生徒を

規律違反として連行しようとするようです。

それを止める為に遊我がアサナとラッシュデュエルをするようですね。

 

またシルエットだけ出て来た最後の1人の姿も確認されています。

こちらもまた貴族感ある見た目をしていますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました