遊戯王OCGカード考察:《武神(ぶじん)-マヒトツ》手札交換もできるし墓地肥やしもできる

今回紹介するのはLIGHTNING OVERDRIVE(ライトニング・オーバードライブ)よりこのカードです。

 

カード説明

武神-マヒトツ
効果モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻 0/守1800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から他の「武神」カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札から「武神」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なる「武神」モンスター1体を自分の墓地から選んで手札に加える。
●自分の墓地から「武神」モンスター1体を除外して発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なる「武神」モンスター1体をデッキから墓地へ送る。

wiki

 

【武神】の新規となる光属性獣戦士族のレベル4モンスターです。

赤と銀のボディを持つ一つ目の武神です。

獣戦士族の武神モンスターは基本GXのキャラクターがモチーフですが

このカードの場合もうあからさまにペガサス・J・クロフォードですね。

髪型だけでなく全体的な色合いもそっくりです。

 

カード名の由来は日本神話における天目一箇神(アメノマヒトツノカミ)だと思われます。

一つ目の鍛冶の神であり刀や斧などの祭器を作ったと言われています。

たたら製鉄などを行っていた鍛冶師は職業病で片目を失明する事が多く、

その為鍛冶を司る神は一つ目として伝えられています。

 

スポンサーリンク

 

手札と墓地の武神を交換or墓地肥やし

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から他の「武神」カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、手札から他の武神1枚を墓地へ送る事で

自身を手札から特殊召喚する自己展開効果です。

手札コストこそ要りますが展開力に乏しい【武神】における貴重な展開手段の1つです。

墓地で効果を発動できる獣族の武神器をコストにすれば無駄がないでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:以下の効果から1つを選択して発動できる。

②の効果は1ターンに1度、2つある効果から1つを選択して発動するというものです。

 

●手札から「武神」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なる「武神」モンスター1体を自分の墓地から選んで手札に加える。

1つ目の効果は手札から武神モンスター1体を墓地へ送る事で

それとは別の武神モンスターを墓地から選んで手札に加えるというものです。

手札から発動できる鳥獣族の武神器を墓地から回収しつつ

墓地から除外して発動できる獣族の武神器を捨てられれば理想的です。

 

●自分の墓地から「武神」モンスター1体を除外して発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なる「武神」モンスター1体をデッキから墓地へ送る。

2つ面も効果は墓地の武神1体を除外する事で

それとは別の武神をデッキから墓地へ送るというものです。

こちらは墓地コストこそ必要なもののデッキから直接獣族の武神器を墓地へ送る事が可能です。

手札に捨てたい武神カードが無い場合はこちらを選択するといいでしょう。

 

スポンサーリンク

ヤマトよりも即効性がある

特に②の効果が便利で状況に応じて2つの効果から選んでいく事が可能です。

②の1つ目の効果は武神-ヤマトと違いデッキから直接カードを引っ張ってこれない為

事前にある程度の準備が必要となるもののその分メインフェイズに発動が可能であり

①の自己展開効果と合わせて効果発動後にエクシーズ素材やリンク素材に活用しやすいです。

攻撃力が0な点も含めてフィールドに留めておくよりは

積極的に各種素材に利用する方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました