遊戯王ラッシュデュエルカード考察:《左手に剣を右手に盾を》相手の攻撃宣言時に発動できる「右手に盾を左手に剣を」!

今回紹介するのはデッキ改造パック 宿命のパワーデストラクション!!よりこのカードです。

 

カード説明

左手に剣を右手に盾を
罠カード
【条件】自分の攻撃表示モンスターが
攻撃を受ける相手モンスター(レベル9以下)の攻撃宣言時に発動できる。
【効果】攻撃してきたモンスターの元々の攻撃力・守備力をターン終了時まで入れ替える。
攻撃を受けるモンスターの元々の攻撃力・守備力をターン終了時まで入れ替える。
その後、自分の墓地の「右手に盾を左手に剣を」1枚を選んで手札に加える事ができる。

wiki

 

汎用の通常罠です。

名前からも効果からも「右手に盾を左手に剣を」を強く意識したカードとなっています。

 

左手に剣を右手に盾をの「攻」と「守」の文字が反対になっています。

また背後にいる騎士が後ろ向きになっているのも特徴です。

 

比較してみると分かりやすいです。

 

スポンサーリンク

相手の攻撃宣言時に攻守を入れ替える

【条件】自分の攻撃表示モンスターが
攻撃を受ける相手モンスター(レベル9以下)の攻撃宣言時に発動できる。
【効果】攻撃してきたモンスターの元々の攻撃力・守備力をターン終了時まで入れ替える。
攻撃を受けるモンスターの元々の攻撃力・守備力をターン終了時まで入れ替える。

その効果は自分の攻撃表示モンスターがレベル9以下の相手モンスターから攻撃宣言された時に

攻撃したモンスターと攻撃されたモンスターの攻撃力守備力をそのターンの間受け入れるというものです。

まさに罠カード版の「右手に盾を左手に剣を」とも言うべき効果ですが

もう1つの違いとしてあちらと違い攻守を入れ替えるの戦闘を行うモンスターのみです。

相手の攻撃宣言時に発動できるのでコンバットトリックとして機能し

ステータス次第ですが相手モンスターを返り討ちにした上で大きなダメージも期待が可能で

最上級モンスターでも守備力は低いなんてモンスターはざらにいるので

下級モンスターで最上級モンスターを返り討ち、なんていうのも狙えます。

特に彩光のプリマギターナのように守備力0の最上級モンスターにとっては

天敵とも言えるカードだと言えるでしょう。

 

その後、自分の墓地の「右手に盾を左手に剣を」1枚を選んで手札に加える事ができる。

また効果の発動後墓地の「右手に盾を左手に剣を」を手札に回収する事が可能です。

次のターンのドロー枚数が減るので直接的なアドバンテージには繋がらないものの

レジェンドカードである「右手に盾を左手に剣を」を使いまわせる意味は大きいです。

 

スポンサーリンク

このカードの存在を警戒させるのも1つの手

下手に攻撃力の低いモンスターを攻撃表示で出しても相手は警戒するので

このカードを上手く使うのであれば

魔将ヤメルーラやメガザウラーように守備力も高いカードを積極的に採用する、もしくは

「低攻撃力のモンスターを場に晒しても違和感のない状況を作り上げる」

工夫が必要となるでしょう。

その最たる例はやはりる「右手に盾を左手に剣を」を使った後の状況であり

低攻撃力のモンスターの好守を入れ替えて攻撃してきた後の

低攻撃力で場に残ってしまう状況をフォローしつつ逆に相手を罠にハメる状況を作り出せます。

墓地から回収できる点を含めてもあちらのサポートを強く意識したカードだと言えます。

 

逆にわざと攻撃力の低いモンスターを攻撃表示で晒しておいて

このカードが伏せてあるように見せかけるというブラフを仕掛けるのも面白いでしょう。

そういう意味では「カードプールとして存在する事に意味がある」カードだと言えます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました