遊戯王OCGカード考察:《光の天穿(てんせん)バハルティヤ》ホーリーナイツにも混ぜれます

クリスマス記念にヴァジュリーラFF実装とか公式ちょっと狙いすぎでしょう。

今回紹介するのはLIGHTNING OVERDRIVE(ライトニング・オーバードライブ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

光の天穿バハルティヤ
効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2000/守2400
このカードは効果モンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在し、相手メインフェイズに
相手がドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
このカードをアドバンス召喚する。
②:このカードが手札からの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手は自身の手札の数だけデッキの上からカードを裏側表示で除外する。
その後、相手は手札を全てデッキに戻し、この効果で除外したカードを手札に加える。

wiki

 

光属性ドラゴン族のレベル7モンスターです。

城が小さく見えるほどの巨体を持つドラゴンです。

手手足が見当たらず青い翼があり西洋竜と東洋龍の中間のような外見をしています。

名前的には風の天翼ミラドーラを共通点があり関連のあるモンスターなのかもしれません。

 

名前の由来は・・・何なのでしょうねこれ?

すいません誰かそれっぽい由来分かる人いらっしゃるでしょうか・・・?

 

スポンサーリンク

相手のサーチ等に反応してアドバンス召喚

このカードは効果モンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。

効果外テキストとして効果モンスター1体をリリースしてアドバンス召喚が可能です。

場に1体モンスターを用意しておけば①の効果に繋げられます。

 

①:このカードが手札に存在し、相手メインフェイズに
相手がドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
このカードをアドバンス召喚する。

①の効果は相手メインフェイズ時に相手がドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加えた場合に

自身を手札からアドバンス召喚するというものです。

主にサーチ効果や墓地回収効果をトリガーに発動する事になり

大抵のデッキはこのどちらかは活用するはずなので発動機会は十分にあります。

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが手札からの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手は自身の手札の数だけデッキの上からカードを裏側表示で除外する。
その後、相手は手札を全てデッキに戻し、この効果で除外したカードを手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、手札からの召喚や特殊召喚に成功した場合に

相手は手札の数だけ裏側表示で除外、そののちに相手は手札を全てデッキに戻した後

除外したカードを手札に加えるというものです。

かなりややこしい事やってますがやってる事は要するに強制的な手札交換です。

同じような手札交換強制効果を持つトリックスター・リンカーネイションが

ドロール&ロックバードと組んで悪さしたので組めないように考慮した結果なのでしょう。

直接的なアドバンテージには繋がらないものの①の効果から繋げれば

相手はサーチしたカードをデッキに戻す事になるので安定性を下げられます。

特にそれが制限カードだった場合新しく引いてくる事は絶対にありません。

【ジェネレイド】や【トゥーン】など特定のキーカードに依存しているデッキの場合には

相手の手札事故にも期待できるようになるでしょう。

 

スポンサーリンク

ホーリーナイツの効果でも特殊召喚できる

やや相手依存な所がありますが単体で相手のターンにアドバンス召喚が狙える稀有なカードです。

帝王の烈旋と組み合わせる事で相手ターンに相手モンスターをリリースをする事も可能であり

特に召喚成功時にサーチ効果や墓地回収効果を持つモンスターなどが狙い目となります。

 

またクリスマスに発表されたカードにちなんでかレベル7の光属性ドラゴン族と

各種ホーリーナイツの効果にも適用しています。

召喚だけでなく特殊召喚でも②の効果が発動できるので

相手の手札をかき回すような真似もできるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました