遊戯王OCGカード考察:《ラヴァル・アーチャー》召喚権を追加できるラヴァル・ガンナーの相方的存在!

今回紹介するのはSELECTION 10よりこのカードです。

 

カード説明

ラヴァル・アーチャー
効果モンスター
星4/炎属性/炎族/攻1000/守 200
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した場合に発動する。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「ラヴァル」モンスター1体を召喚できる。
②:このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、このカードを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
このターン、自分は炎属性モンスターしか特殊召喚できない。

wiki

 

【ラヴァル】の新規となる炎属性炎族のレベル4モンスターです。

 

スリングショット(パチンコ)の用な武器で炎の矢を放とうとする鉱物人間です。

ちなみに実際にこのカードの用に矢を放つタイプのスリングショットは存在します。

パチンコと聞くと玩具用だと考える人は多いと思いますが

狩猟用のガチな代物もちゃんとあります。

 

スポンサーリンク

炎属性を破壊する事で墓地から蘇生

①:このカードが召喚に成功した場合に発動する。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「ラヴァル」モンスター1体を召喚できる。

①の効果は召喚に成功したターンに

ラヴァルモンスターの追加召喚権を得る事ができるというものです。

単純に展開の補助になる効果でエクシーズ召喚やシンクロ召喚の手助けになります。

特殊召喚ではなく召喚が追加でできるというのもポイントで

特に召喚する事で墓地肥やしを行え同じレベル4のラヴァル・ガンナーとは相性がいいです。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、このカードを守備表示で特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、自分の場の炎属性1体を破壊する事で

自身を墓地から守備表示で特殊召喚する自己蘇生効果です。

ラヴァル・ランスロッドやあラヴァル炎火山の侍女など

破壊された時や墓地へ送られた時に発動するカードを破壊すると無駄がないでしょう。

炎属性全般を破壊可能でありラヴァル以外にも

炎王やネフティスの鳳凰神などを破壊する手もあります。

 

この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
このターン、自分は炎属性モンスターしか特殊召喚できない。

デメリットとしてこの効果で蘇生するとフィールドから離れた場合に除外され

また炎属性モンスターしか特殊召喚出来ない制約が発生します。

繰り返し蘇生を狙うのであればエクシーズ素材にするのがよくランク4の炎属性エクシーズとしては

転生炎獣ブレイズ・ドラゴンやNo.59 背反の料理人などが該当します。

 

また【ラヴァル】にはラヴァル・キャノンなど除外したカードを利用する手段もあるので

そういったフォローが出来るのであればそこまで除外される事を気にせずともよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ラヴァル以外でも使える

どちらの効果も展開に関係する効果であり

【ラヴァル】におけるシンクロ召喚やエクシーズ召喚の手助けをしてくれる存在です。

前述の通りにラヴァル・ガンナーとの相性が良く

カード名からしてもコンビでの使用を前提にしたモンスターだと言えるでしょう。

 

②の効果は墓地へ送れさえすれば発動できる上に炎属性デッキ全般でつかえるので

【炎王】などにこのカードを墓地肥やし手段と共に出張させるのも面白いと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました