遊戯王OCGカード考察:《聖種の地霊(サンシード・ゲニウスロキ)》サンアバロンのキーカードとなる通常モンスター!

今回紹介するのはSELECTION 10よりこのカードです。

 

カード説明

聖種の地霊
通常モンスター
星1/地属性/植物族/攻 0/守 600
千年に1度、聖天樹から獲れる種は、
千年の時を経てその土地の守護精霊になると言われている。

wiki

 

【聖天樹】に属する地属性植物族のレベル1通常モンスターです。

VRAINSにおいてスペクターが使用したカードで

どのデュエルでもこのモンスターを元に各種リンクへ繋げています。

 

燭台のようなものに飾られた種です。

フレーバーテキストから千年に1度、聖天樹から獲れる種であり

この種を元に聖天樹や聖蔓が生まれるのかもしれません。

ゲニウス・ロキとはローマ神話における土地の守護精霊を指す名称です。

 

スポンサーリンク

【聖天樹】におけるキーカードの1つであり

特にLINK-1の聖天樹の幼精はこのカードをリンク素材にする事で

サンヴァイン魔法罠(といっても対応しているのは現在聖蔓の社1枚のみですが)をサーチ可能です。

聖蔓リンクも植物族の通常モンスターをリンク素材に指定しており

このカードをリンク素材にしてリンク召喚するの想定されています。

その為いかにこのカードを場に出して各種リンク召喚へ繋げるかが

【聖天樹】における1つのポイントとなってきます。

 

幸い聖種の天双芽や聖蔓の社によって蘇生が可能ですし

通常モンスターなのでレスキュー・ラビット、予想GUYなどで

デッキから直接特殊召喚する事も可能です。

レベル1な為にワン・フォー・ワンにも対応しており勿論植物族サポートにも対応しているので

特殊召喚する手段には事欠かないでしょう。

 

なお同じくレベル1の植物族通常モンスターにダーク・プラントが存在します。

こちらは聖天樹の幼精のリンク素材にしてもサーチ効果は発動できませんが

聖蔓リンクのリンク素材としては問題なく使えます。

一緒に採用しておけば各種通常モンスターサポートやレベル1サポートを共有可能であり

特にレスキュー・ラビットやトライワイトゾーンなどはぐっと使いやすくなるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました