遊戯王OCG:2021年1月の制限改定を個人的に予想してみる

12月になりました。今年ももうすぐ終わりですね。

コロナ騒ぎがまだ収まらないながらもそれでも各地でデュエル大会などは開かれています。

 

環境の方は相当な群雄割拠となっています。

【召喚ドラグマ】【エルドリッチ】【電脳堺】【サンダードラゴン】あたりが主軸となりつつ

そこに【閃刀姫】【プランキッズ】【シャドール】【十二獣】【コードトーカー】あたりが迫る感じです。

他にも【オルターガイスト】や【ドラゴンメイド】、【ヌメロン】あたりもまだまだ息があり

様々なデッキが活躍している群雄割拠といっていいでしょう。

 

そんな中で来年1月のリミットレギュレーションを予想していこうと思います。

 

盛大に外してたらこんな顔してやってください

 

スポンサーリンク

規制強化されそうなカード

天霆號アーゼウス

とりあえず今一番やばいカードはこいつじゃないかなと思ってます

様々なエクシーズに重ねる事の出来る強力なカードであり

このカードの登場でエクシーズデッキ全般の戦闘力が上がったといってもいいでしょう。

【十二獣】や【リリカル・ルスキニア】あたりが環境で頭角を現しているのも

このカードの影響が関わっているでしょう。

とにかく汎用性と制圧力を兼ね備えているカードであり規制がかかる可能性は高いのではないかと考えています。

 

 

黄金卿エルドリッチ

【エルドリッチ】の核にしてエースとなるモンスターです。

もし【エルドリッチ】にメスがいれられるのであれば真っ先にこのカードが規制されるのではと考えています。

ただそこまで突出しているわけではないので仮に規制が食らうとしても準制限かなとは思います。

 

 

真竜皇V.F.D.

優秀な制圧効果を持つランク9エクシーズの1体です。

ランク9軸真竜のエースですがその高い汎用性から他のランク9テーマでも使われており

特に現在では【電脳堺】における主力の1つとなる存在です。

電脳堺の強みの1つといってよく、テコ入れが入るのであれば規制が入る候補ではないかと考えます。

 

 

教導の聖女エクレシア

特殊召喚がしやすくさらにサーチ能力も兼ね備えた【ドラグマ】における主力の1つです。

ドラグマは前回の改定で天底の使徒が準制限に規制されましたが

それでもまだまだ衰えずに環境で活躍しているのでさらに規制が強化される可能性があります。

その場合天底の使徒が制限になる事も考えられますが

このカードに規制がかかる可能性も結構あるのではと思っています。

規制緩和されそうなカード

氷結界の虎王ドゥローレン

自分のカードを手札に戻す事のできる氷結界シンクロの1体です。

複数枚を利用したループコンボがある事から制限カードになっていましたが

エラッタによりそれが不可能になった為、結果として制限にする理由もなくなっており

緩和される可能性が高いと言えるでしょう。

というかこれで緩和されなかったら何でエラッタしたんだって感じです。

 

 

ゼンマイマジシャン

【ゼンマイ】における吊り上げ要員として機能するカードです。

11期になる際に制限カードとなりましたが特に今現在ゼンマイが暴れてる気配もないので

緩和しても問題ないのではと考えています。

 

スポンサーリンク

総評

とりあえず目立って強力だと感じるのはアーゼウスぐらいで

あとは環境デッキのカードが一部規制されるかどうかって所だと思います。

とはいえ今現在良環境といってもいい具合なので

規制されるにしてもそこまで大規模な規制はないのではと思っています。

ただ【電脳堺】や【ドラグマ】あたりは今後も新カードが出て来そうな勢いなので

それらのバランス調整の為に既存カードの規制、というのは結構ありえそうです。

シャドールも今度新しいカードが出てくるのでそれの影響次第で規制は考えられるでしょう。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    まだ出て半年経ってないのでアーゼウスはちょっと分からないですね
    圧倒的な制圧力を持つVFDは確かに候補だと思います
    事実ショックルーラーやアザトート、ホープゼアルといった「発動できない」効果のエクシーズ達は亡くなっているので

  2. 匿名 より:

    ドラグマ、エルドリッチで特に出張が目立っているところが規制対象でしょうかね。あと、出張といえば召喚獣も怪しいところ。いい加減ABCと六武は緩和して欲しいです。あ、ゼンマイはフリー対戦でボコボコにされた私怨からそのままでいてください(笑)

タイトルとURLをコピーしました