遊戯王OCGカード考察:《星なる影(ネフシャドール) ゲニウス》クリフォート・ゲニウスの中の人登場!

今回紹介するのはSELECTION 10よりこのカードです。

 

カード説明

星なる影 ゲニウス
リバース・効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1800/守1000
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードがリバースした場合、
自分フィールドの「シャドール」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターは自身以外のモンスターの効果を受けない。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合、
フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その効果モンスターはフィールドで発動する効果を発動できない。

wiki

 

【シャドール】の新規となる地属性機械族のレベル4リバースモンスターです。

所々のパーツが欠けているような不気味な人形です。

 

クリフォート・ゲニウスとは名前が一致しており

また所々クリフォートと思われるパーツも存在している為、

クリフォート・ゲニウスのイラストに表示された黒いシルエットの中身だと考えられます。

 

スポンサーリンク

リバース時にシャドールにモンスター効果への耐性付与

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードがリバースした場合、
自分フィールドの「シャドール」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターは自身以外のモンスターの効果を受けない。

①の効果は1ターンに1度、このカードがリバースした場合に

自分の場のモンスター1体にそのターンの間、

他のモンスター効果を受けない耐性を付与するというものです。

どちらかと言えば相手ターンに発動する事に意義がある効果であり

堕ち影の蠢きなどで相手ターンにリバースさせる事で

自身や他のシャドールをモンスター効果から守る事が可能です。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合、
フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その効果モンスターはフィールドで発動する効果を発動できない。

②の効果は1ターンに1度、効果によって墓地へ送られた場合に

フィールドの効果モンスター1体を選択し

そのターンの間フィールドで発動する効果を無効にするというものです。

こちらも相手ターンでの発動向きの効果であり

神の写し身との接触あたりで融合素材にする事で相手ターンでの発動が狙えます。

①の効果とは1ターンにどちらか片方しか発動できずどちらも相手ターン向きの効果である為、

どちらを発動するかは考えておく必要があるでしょう。

とはいえ①の効果はリバースして発動、②の効果は墓地へ送って発動と発動条件が違うので

どちらか片方の効果しか狙えないという事も珍しくありません。

 

地属性機械族用のサポートが使える

何よりも【シャドール】では現在初となる地属性である点がポイントです。

これによりシャドール以外のモンスターをデッキに採用せずとも

エルシャドール・シェキナーガの融合召喚が狙えます。

相手ターンに神の写し身との接触でこのカードを素材にしてシェキナーガを融合召喚すれば

お互いの効果で相手の動きを大幅に制限する事ができるでしょう。

 

また②の効果は墓地に送る手段(できれば相手ターンに)さえあれば

シャドール以外でも活用が可能です。

例えばマシンナーズ・エアレイダーなどで相手ターンに破壊して墓地へ送る事が可能です。

転回操車や緊急ダイヤでの特殊召喚に対応している点も意識しておいていいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました