遊戯王ラッシュカード考察:《ダークネス・クレステッド・ホーク》露骨な光属性メタ!属性変更でより使いやすく!

今回紹介するのはデッキ改造パック 幻撃のミラージュインパクト!!よりこのカードです。

 

カード説明

ダークネス・クレステッド・ホーク
効果モンスター
星7/闇属性/鳥獣族/攻2100/守2300
【条件】相手フィールドに表側表示モンスター(光属性)がいる場合、
デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(鳥獣族)1体を選び、
その攻撃力をターン終了時まで1000アップする。

wiki

 

闇属性鳥獣族のレベル7モンスターです。

詰めや翼が刃のようになった黒い鳥が

ブラックホール状のものを発生させそこからレーザーを射出しています。

 

クレステッドとは「鶏冠がついた」といった意味合いの言葉で

このカードの頭部にもカラフルな立派な鶏冠が存在しています。

 

スポンサーリンク

光属性がいるときに鳥獣族の攻撃力アップ

【条件】相手フィールドに表側表示モンスター(光属性)がいる場合、
デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(鳥獣族)1体を選び、
その攻撃力をターン終了時まで1000アップする。

その効果は1ターンに1度、相手の場に光属性モンスターがいる場合に

デッキトップから1枚墓地へ送る事で自分の鳥獣族1体を選んで

その攻撃力をターン終了時まで1000アップさせる自己強化効果です。

自身も鳥獣族であり基本的には自身の攻撃力を上昇させる事になりますが

例えば下級モンスターのソニック・バードに使えば2500打点にまで上昇するので

相手の場に攻撃力2000程度が複数並んでいる場合などには意識しておくといいでしょう。

 

自身に使えば3100打点にまで上昇する強力な自己強化効果ですが

その為には相手の場に光属性のモンスターがいる事が条件になります。

相手を選ばずに活用するのであればルミナス・パロットや属性変更弾などの

属性変更手段を用意しておいた方がいいでしょう。

特にルミナス・パロットは相手を光属性にするというピンポイントな効果であり

明確にこのカードとのシナジーを意識されています。

 

また元々光属性のモンスター相手であれば属性変更手段なしでも強気に出られます。

エース級に限ってもレジェンドカードである青眼の白龍を筆頭に

連撃竜ドラギアス、ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル、彩光のプリマギターナ、

逆玉の神ディアン・ケト、ライトニング・ボルコンドルと

結構な数のモンスターが該当しこれら全てに攻撃力で上回る事が可能です。

ビースト・サモナーで手札から直接特殊召喚可能だったりカウンター・ハートに対応していたりと

属性変更を考慮しなくても使い道の多いカードとなっています。

 

それにしても同じく特定の属性に対して効果を現すライトニング・ボルコンドルといい

ラッシュデュエルにおける鳥獣族は全体的に属性メタを意識した種族になっていますね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました