遊戯王OCGカード考察:《契珖(けいこう)のヴルーレセンス》高速で墓地肥やしをしつつ属性も切り替えられる

今回紹介するのはBLAZING VORTEXよりこのカードです。

 

カード説明

契珖のヴルーレセンス
効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
①:相手フィールドにモンスターが存在し、
このカードが召喚に成功した時、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「契珖のヴルーレセンス」を任意の数だけ墓地へ送る。
②:1ターンに1度、このカードが墓地に存在する場合に発動できる。
墓地のこのカードはターン終了時まで闇属性になる。

wiki

 

光属性ドラゴン族のレベル4モンスターです。

昇竜拳みたいなポーズ取ってる眩しく輝くドラゴンです。

オーロラのような薄い膜が張られた翼が実に美しいです。

 

カード名の由来は・・・すいません、正直思い浮かばないです。

誰かそれっぽい由来分かる人いないでしょうか。

 

スポンサーリンク

同名カードを一気に墓地へ送りつつ属性変更

①:相手フィールドにモンスターが存在し、
このカードが召喚に成功した時、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「契珖のヴルーレセンス」を任意の数だけ墓地へ送る。

①の効果は相手の場にモンスターが存在する状態で召喚に成功した時に

手札1枚を捨てる事で

デッキから同名カードを任意の数墓地へ送る墓地肥やし効果です。

手札コストこそ必要なものの同時に2枚もの墓地肥やしが可能であり

このカードを何かしらの素材にして墓地へ送ればそれで3枚同名カードを墓地に送れます。

相手の場にモンスターがいないと発動できないので

先攻1ターン目では上手く機能しない点には注意です。

 

②:1ターンに1度、このカードが墓地に存在する場合に発動できる。
墓地のこのカードはターン終了時まで闇属性になる。

②の効果はこのカードが墓地にいる場合に

1ターンの間闇属性になれるというものです。

墓地から属性を変更できるという中々稀有な効果であり

状況に合わせて闇属性と光属性どちらの墓地コストとしても利用できます。

墓地に3枚このカードが存在していれば3枚全ての属性を変更する事も可能です。

 

スポンサーリンク

墓地枚数の調整としても有用

高い墓地肥やし能力と墓地から光属性と闇属性を切り替えられる効果から

【カオス】での運用を想定したカードだと言えるでしょう。

手札コストが必要な点も【カオス】であれば墓地に送るメリットが多いカードが揃っているはずなので

そこまで問題にはならないはずです。

特に混源龍レヴィオニアと相性がよく墓地にこのカード3枚を除外して特殊召喚する事で

光のみ除外した時の効果、闇のみ除外した時の効果、両方を除外した時の効果を

全てこのカードのみで切り分ける事が可能です。

 

また墓地からの属性変更効果により墓地の枚数調整としても有用であり

闇霊神オブルミラージュや光霊神フォスオラージュ、ダーク・アームド・ドラゴンなどの

墓地の枚数をピッタリ揃える必要があるカードもより使いやすくなります。

召喚権を使う必要こそあるものの高速で墓地アドバンテージを確保できるありがたい存在です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました