遊戯王SEVENS第21話『麺との遭遇』感想

遊戯王セブンス21話の感想です。

 

 

前回のあらすじ:人はお水なモンスターで決闘できるか?

 

俺の胃袋は、宇宙だ

チームルークはセツリに仲間だと認められた。

つまり前回ペナルティのついた人達に事情説明をしていました。

麺三郎とそのグルメ仲間は巻き込まれた事に関して怒る事もなく

こうなったら一蓮托生と協力的です。皆いい人達ですね。

で、そんなこんなでまた床に穴が空いてチームルークが落とされます。

麺三郎もロミンを助けようとした結果巻き込まれて落ちてしまいます。

このシーン、麺三郎だけでなくニックもとっさに寿司子を守っており実に紳士的です。

というわけで今回はチームルークに麺三郎を咥えた麺子になっています。

 

そして地下に落ちてそうそう、麺三郎が怪しい気配を感じ取ります。

そこにいたのは謎の仮面アドバイザーM。喋り方の時点で中身はミミだとバレバレです。

でもルークはやっぱり気付いていません。麺三郎もですが彼そもそもミミとあまり麺識ありませんしね。

多分表立って協力できない立場なので姿を隠してこっそり協力というスタンスなのでしょう。

セツリの庭に活きなさいとアドバイスしますがその場所までは教えてくれません。

 

そうして歩いて3時間、完全に道に迷ったようで皆疲れ果てています。

そんな時に麺三郎が麺妖なラーメンの香りを感知します。

そこにあったのは地下のラーメン店「宇宙軒」、ゴーハ社員が大勢並んでいます。

麺三郎はいてもたってもいられず行列に並び、結局皆で食べる事に。

そして店の中に入るとそこにあったのは小さなUFO・・・と思ったら

UFOが女の子になりました。彼女がこの宇宙軒の店長、ヌードル宇宙子(そらこ)です。

声優の森永千才さんの演技もあってかなり宇宙人って感じの独特の喋り方をしています。

さてそんな彼女の作ったラーメン、それはもう素晴らしい味だとチームルークがこぞって絶賛します。

宇宙子は宇宙にはもっと美味しいラーメンがたくさんあると言いながら

腹ごしらえが終わった所でデュエルを挑もうとします。

それに会いたいするのは麺三郎。チームルークは観戦です。

ルークはちゃっかりおかわりも要求しています。相変わらず食いしん坊ですねこいつは。

こうして忍者VS宇宙人のラーメンデュエルが開始されました。・・・まるで意味が分からんぞ!

 

 

UFOの命はライフポイントと繋がっている

先攻は宇宙子、ドロー。

まずフィールド魔法「宇宙」を発動してモンスター3体とカード1枚を伏せてターンエンドです。

 

続いて麺三郎のターン、ドロー。

モンスター3体を召喚しますが宇宙のせいでレベル4以下のモンスターは

攻撃力守備力が300ダウンしてしまいます。

過酷な宇宙では下級モンスターは力を出せないのです。

それならばと火麺上忍ゴックブートをアドバンス召喚。

自身の効果で攻撃力を上げつつさらに魔法カード「火麺激辛レッドの術」を発動、

炎族の攻撃力を300上げた上で貫通効果を付与させます。

そしてセットモンスターを攻撃、相手モンスターの守備力は0なので

そのままダメージが直撃しライフを1200まで削ります。

 

ここまでは麺三郎に有利な状況ですが何やら宇宙子の様子がおかしいです。

どうやら彼女のUFOはデュエルにおけるライフをエネルギーにしているよで

ライフが0になるとUFOの機能が停止してしまうそうです。

・・・どうしてデュエルにそんな機能が備わっているんですか?

その言葉に麺三郎は動揺してしまいます。

それでもデュエルを続けると宇宙子は言い麺三郎はこのままターンエンドです。

 

今分かりました、宇宙の心は彼だったんですね

宇宙子のターン、ドロー。

カードを2枚セットしつつ残ったモンスター2体をリリース、

コズミックストリング・ヌードルイタスをアドバンス召喚します。

その効果は手札から炎族2体を墓地へ送る事で

場のレベル7以下のモンスターを全て破壊するというもの。まさに小型ブラックホールです。

これにより麺三郎のフィールドががら空きになってしまいます。

さらにギャラクシー・ナルトローラーを召喚、下級なので宇宙の効果で弱体化しますが

宇宙がある時に攻撃力が600上がる効果を持ち総合的には強化です。

ヌードルイタスの直接攻撃を受け追い詰められる麺三郎、

どうにも彼の麺タルが弱まっているのをチームルークは感じ取ります。

そう彼は悩んでいました。もし自分が勝てば彼女は宇宙に変えれなくなる。

それは彼女が言っていた美味しい宇宙のラーメンが食べられなくなる事を意味します。

しかし自分が負けてしまうとペナルティがつき皆に迷惑をかけてしまう。

勝つべきか負けるべきか、宇宙かデュエルか、その葛藤が彼を襲っていました。

いや宇宙かデュエルかって何だよ

 

そんな気配を感じ取ったロミンは悩みがあれば相談に乗ると麺三郎に言います。

そして麺三郎もまた慌てて宇宙かデュエルかで悩んでいたと白状します。

そして遊我は言います。ペナルティなんて小さな事を気にせずに

自分だけの可能性を試してみるべきだと。

 

その遊我の大きな器に麺三郎と宇宙子は彼の心に宇宙を見出します。

宇宙は誰の心にもあると麺三郎は迷いを断ち切ります。

そして自分だけの麺の道、「麺道」を切り拓く事を決意します。

宇宙子もまた望むところだと麺三郎の心意気を買います。

デュエルがあれば異星人同士の交流だってできるのです。

宇宙子はナルトローラーで直接攻撃をしかけますが麺三郎は罠カード「火麺メンアゲの術」を発動、

墓地からバーリカータを蘇生させて代わりに攻撃を受け止めさせライフを残します。

宇宙子はこれでターンエンドです。

 

麺三郎のターン、ドロー。

モンスター3体を召喚してそのうち2体をリリース。

新たなエースモンスター、火麺上忍カエダマゴックブートをアドバンス召喚です。

それに対して宇宙子は罠カード「チャーシューティング・スター」を発動、

場の炎族1体を手札に戻してその攻撃力分ライフを回復させます。

しかしそれに対してカエダマゴックブートの効果発動、

場の炎族通常モンスター1体をリリースして相手に1000のダメージを与えつつ1枚ドローします。

さらに火麺胸焼け背脂の術でヌードルイタスを弱体化させます。

それでも宇宙子は罠カード「ダーク・バター」を発動、

ヌードルイタスの攻撃力を上げて食い下がってきます。

麺三郎は駄目押しとばかりに火麺炙りバーナーの術でカエダマゴックブートの攻撃力を上昇、

「御麺」といいつつヌードルイタスを攻撃、宇宙子のライフを0にしました。

麺三郎の勝利です。

 

崩れ落ちる宇宙子に駈け寄る麺三郎。

宇宙子は言います。ライフがなくなった事で回復の為に母性に帰る必要がありこれでお別れだと。

しかし麺三郎とデュエルで通じ合った事はどれだけ離れ合っても忘れないと。

そうして最後に麺三郎とETをして宇宙子はUFOに再度変形、宇宙へと旅立ちます。

そう、彼女はただの不思議ちゃんではなく本当に宇宙人だったのかもしれません。

周りが驚く中、遊我は「そういう事もあるかもね」と宇宙人の存在を信じてる様子です。

そして麺三郎が最後に言いました。リ麺バー・ユーと。

 

 

 

 

 

 

 

どうして宇宙人とラーメンをかけあわせようなんて思ったんです?

いや天体用語に宇宙ヒモ(コズミックストリング)というのがありそこから取ったのは分かるんですが

それでも宇宙ヒモからラーメンって発想は出てこないよ!

ていうか今回のデュエル、ネイルにとってもまったくの想定外な可能性高いんですけど。

 

さてそんなヌードル宇宙子のデッキは麺三郎と同じ炎族デッキです。

どうやらセブンスにおいてラーメンは炎族のようです。

今回は炎族デッキ同士というある種のミラーマッチだったわけですね。

しかし炎属性の麺三郎のカードと違って闇属性になっているのがポイントです。

 

なお当ブログは麺三郎×宇宙子のカップリングを応援します

色々カオスすぎる展開でしたがなんだかんだこの2人通じ合ってましたしね。

何気に同じ種族デッキ同士っていうのがいいですよね。デッキの合体もやりやすそうです。

宇宙子ちゃん宇宙に行っちゃいましたがまたひょっこり帰ってきそうな気もします。

 

 

次回予告 第22話『封じられた悪魔』

あのチートを使う洗井新太が再登場です。

しかも今回はルークが持つ機械族メタ、ルークデビルも封じてくるそうで

またチート使ってくる気マンマンです。

封じるったってどうやって封じるんでしょうね。

まあたぶん静電気あたりが理由だと思うのでそれ取り除いたりでしょうか。

 

 

 

コメント

  1. よこしま より:

    これこそ正に、「いつもの遊戯王」なのですね。
    遊戯王本格的に始めたのは今年辺りからなので、何となくで言っています。間違っていたら、すみません。

タイトルとURLをコピーしました