遊戯王OCGカード考察:《混沌の創世神(カオス・クリエイター)》シンプルに使いやすくて便利な新カオス!

今回紹介するのはWORLD PREMIERE PACK 2020よりこのカードです。

 

 

カード説明

混沌の創世神/The Chaos Creator
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/雷族/攻2300/守3000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から特殊召喚したこのカードが存在する場合、
除外されている自分及び相手のモンスターの中から
合計3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
その内の1体を自分フィールドに特殊召喚し、
残りを好きな順番で持ち主のデッキの一番下に戻す。

wiki

 

闇属性雷族のレベル8特殊召喚モンスターです。

創世神がカオス化してリメイクです。

元の創世神が朱色だったのに対しこちらは紺色となっています。

ある意味では元の創世神とダーク・クリエイターの中間の色合いとも言えますね。

 

スポンサーリンク

除外されたモンスターを特殊召喚

このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。

特殊召喚モンスターであり

墓地から光属性と闇属性を1体ずつ除外する事で特殊召喚が可能です。

混沌帝龍 -終焉の使者-やカオス・ソルジャー -開闢の使者-と同じであり

カオスモンスターとしてはお馴染みと言える召喚条件だと言えるでしょう。

 

 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から特殊召喚したこのカードが存在する場合、
除外されている自分及び相手のモンスターの中から
合計3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
その内の1体を自分フィールドに特殊召喚し、
残りを好きな順番で持ち主のデッキの一番下に戻す。

その効果は1ターンに1度、手札からこのカードを特殊召喚しており

かつ除外されているお互いのモンスターが合計3種類以上いる場合に

そのうち1体を自分の場に特殊召喚、

残りを持ち主のデッキの一番下に戻すというものです。

このカードを特殊召喚していれば2種類のモンスターは除外されているはずなので

あと1体何かしら除外されているモンスターを工面していれば効果を発動可能です。

除外を多用する【カオス】であれば自然と条件を満たせるはずですし

何かしらの手段で相手モンスターを除外してしまうのもいいでしょう。

この際レベル8のモンスターを特殊召喚する事ができれば

ランク8のエクシーズ召喚に繋げる事も可能です。

カオス・ソルジャー -開闢の使者-がレベル8で除去効果も持っている為

特殊召喚する候補としてオススメです。

 

サンダー・ドラゴンにも有用

全体的に出しやすく、効果も使いやすく便利と手堅くまとまったカードです。

【カオス】以外では【サンダー・ドラゴン】に組み込むのも面白いでしょう。

あちらも光属性と闇属性主体で除外ギミックを多用しますし

除外されたカードをデッキに戻せる点は

雷電龍-サンダー・ドラゴンあたりと相性が良いです。

このカード自身が雷族である点もポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました