遊戯王SEVENS第13話『もう一人の王』感想

遊戯王セブンス13話の感想です。

 

 

前回のあらすじ:涙ぐましい裏方2人

 

遺跡で来た(地中から)

遊我の手札にとうとう来たセブンスロード・マジシャン。

遊我の反則負けになるかとおもいきや突如地中から遺跡が出現する。

それに対して遊我は「やっぱり来たね」とそれが分かっていたかのようなセリフを言います。

既に遊我は伯佛カン達と協力して遺跡の紋章を解き明かし

それが七冥館を指している事を突き止めそこでオーティスに接触を果たしていました。

そして彼もまた遊我と同様にゴーハデュエルに窮屈を感じており

子供たちにデュエルの楽しさを取り戻す為の一環として遊我にセブンスロード・マジシャンを託し

見事オーティスの希望通りに遊我はラッシュデュエルを発案しました。

 

と、ここに来てヨシオも世紀末ルックで登場。ミミも驚いています。

彼は新聞部と連絡して過去のオーティスが失格になったビデオを検証。

そこでオーティスの失格になった本当の原因を探していました。

その理由はオーティス自身がゴーハの関係者だった為。

そう、オーティスはゴーハ社の社員だったのです。

そして彼の作ったセブンスロード・マジシャンをはじめとするセブンスロードシリーズも

カードとして正式に認知された公式なもの。

検索にエラーが出ていたのはなんと月太がハッキングをしかけていたからでした。

・・・いやいやいやちょっとすごい事してませんか月太くん?

大企業の検索機能にハッキングとかVRAINSでも草薙さんクラスの所業ですよ。

 

子供に大不評なゴーハデュエル

そしてロアは工作をあっさり認めます。

というよりそもそもロアの目的は遊我を反則負けにする事ではなく

オーティスをこの場に引きずり込む事でした。

彼はオーティスに問い詰めたい事があったのです。

過去、オーティスが会場に現れた時、ロアもその場にいました。

そしてロアも動揺にゴーハデュエルを窮屈に感じており

同時にデュエルの王という言葉に惹かれていました。

ですがオーティスがセブンスロード・マジシャンを託したのは

彼ではなく遊我だった、それが自尊心の高いロアには認めがたかったのです。

それでも彼は彼なりに窮屈な世界を壊す為にバンドを立ち上げて人気を確保してきました。

そんな時に彼も遺跡の噂を耳にしていましたが

その時にもデュエルを変える資格を得たのは遊我でした。

 

そんなロアに遊我は言います。

自分でロードを切り拓いてきたロアにも王になる資格はあると。

ここ、「お前のような卑劣な男に王になる資格はない!」

と主張してたルークが180度てのひら回転させているの笑えます。

 

そして改めて遊我はロアに対してデュエルの続きをしようかと言います。

ロアは同情はやめて欲しいといいつつも

このラッシュデュエルに勝った方が王となるのはどうだ?と遊我に提案、

遊我も、そしてオーティスもここで負けるようじゃ王になる資格はないとそれに乗ります。

 

王たる悪魔達

というわけでデュエル再開。

遊我はヴォルフラムを召喚しそれをリリースしてセブンスロード・ウィッチをアドバンス召喚。

ウィッチもまたオーティスが開発した持ち主を王の座に導くモンスターです。

そしてその効果でセブンスロード・マジシャンを特殊召喚。

ロアのデッキ破壊戦術もあり墓地にはモンスターが6属性揃っており

セブンスロード・マジシャンの攻撃力は3900です。

ウィッチでシャウトを戦闘破壊した後にマジシャンで直接攻撃を狙うも

ロアは罠カード「キングス・ディグティ」を発動、

グルーピーを墓地からデッキに戻す事でダイレクトアタックを無効にします。

遊我はターン終了です。

 

ロアのターン、ドロー。

まずグルーピーとシャウトを召喚、

そして1体をリリースしてロイヤルデモンズ・パンクをアドバンス召喚。

その効果でレベル6以上の悪魔族を墓地から手札に戻して

さらにパンクをリリースしてロイヤルデモンズ・デスヴォイスをアドバンス召喚します。

デスヴォイスはレベル5以上をリリースした場合に

相手モンスターの攻撃力守備力を素のレベル×200ダウンさせる効果を持っており

これによりセブンスロード・マジシャンを一気に弱体化させます。

上級モンスターとしてはかなり強い効果ですね。

そしてこのデスヴォイスを更にアドバンス召喚の為にリリース。

真のロアのエース、ロイヤルデモンス・ヘヴィメタルをアドバンス召喚します。

その効果はレベル5以上をリリースしてアドバンス召喚した際に

相手の最も低いレベルのモンスターの攻撃力を吸収した後に破壊するというもの。

これによりセブンスロード・ウィッチを破壊しつつヘヴィメタルの攻撃力は4100にまで上昇します。

攻撃力の減ったセブンスロード・マジシャンを攻撃して一気にライフを削りきろうとしますが

遊我は罠カード「火の粉のカーテン」を発動、ライフを500残して耐えきります。

 

ロアはこれでターン終了です。

 

新たなるセブンスロード

遊我のターン、ドロー。

ミスティック・ディーラーとレスキュー・マジシャンを召喚。

レスキュー・マジシャンの効果で墓地のセブンスロード・マジシャンを手札に回収、

そして再びセブンスロード・マジシャンをアドバンス召喚です。

しかしこれに対してロアは罠カード「キングス・オーソリティ」を発動、

セブンスロード・マジシャンの効果の発動を封じます。これでは攻撃力2100のままです。

でも遊我の策はまだありました。新たなセブンスロードであるセブンスロード・メイジを召喚。

オーティスが言うには彼が遊我に与えたのはセブンスロード・マジシャンのみであり

他のセブンスロードは遊我が自力で集めたものだという事です。

遊我はセブンスロード・マジシャンを活かす為に

それを助ける他のセブンスロードも頑張って確保していたのです。

そしてセブンスロード・メイジの効果、相手の攻撃力を400ダウンさせ

さらにセブンスロード・マジシャンがいれば墓地の魔法使い族×100上乗せで弱体化が可能です。

こうして弱体化したヘヴィメタルをセブンスロード・マジシャンで戦闘破壊、

続くセブンスロード・メイジのダイレクトアタックでロアのライフは0となりました。

遊我の勝利です。同時にチーム戦もチームルークがロアロミンに勝利しました。

 

デュエルが終わった後、こんなに楽しいデュエルは無かったとロアに握手を求める遊我。

ロアはその握手には応じないながらも望むならまた特別にデュエルしてやろうと

高圧的な態度は変わらずも遊我をライブを盛り上げてくれた存在として讃えます。

なお遺跡が現れた事でミミさんがそれを接収しようとしましたが

オーティスは見事に逃亡を果たしました。

結局どうして現れるにしても地中から現れたんだオーティス、ライブ会場穴空いたままだぞ。

 

さて、ロミンも含めて遊我の秘密基地に集まったチームルーク。

結局ロミンの秘密は何だったかと聞くルークに話さないと決め込むロミン。

しかし遊我は「それって音痴の事?」とロミンの秘密をあっさりと見破ります。

散々隠そうと貫いてきたロミンは既にバレていたと知ってこの反応。

相変わらずの対人スキルが半端ない遊我でした。

そういえば前回ロミンを問い詰めてた時、

あくまで「弱味を握られていたかどうか」が焦点でしたね。

さすがの遊我も音痴を理由に強迫されていたとは確信していなかったようです。

 

 

 

 

 

というわけで対ロアロミン戦も決着です。

節目という事なのか今回EDも特殊でロアロミンの楽曲になっています。

ちゃんとウシロウの召喚シーンもありますがデュエルをしていなかった月太の出番はなし、悲しい。

改めて本気を出してきたロアの悪魔族デッキ。

彼の駆使するロイヤルデモンズは「レベル5以上のモンスターをリリースした場合」

という発動条件を持つカードが多数存在しており

他のモンスターもそれをサポートするような構成になっています。

ラッシュデュエルの中でもかなり明確なコンセプトを持ったデッキと言えるでしょう。

 

次回予告 14話『ロミン´sキッチン』

チームデュエルに勝って一件落着かと思いきや

ルークはロミンの事を裏切者扱いし続けておりロミンはしょんぼりしているようです。

そこで仲直り作戦として手料理を作る事にしますが・・・

まあ次回予告の時点で爆発とあるあたり腕前の方はお察しです。

 

かわいい

 

「ロミンエスキッチン」と間違えてるルークが微笑ましいですが

自分も英語能力は壊滅的なので割と人の事言えません。

しかしデュエルはどうなるんでしょうね。

流れからするとルークVSロミンでしょうか?

コメント

  1. 匿名 より:

    キーで解放されるのが何か気になりますね。EXのモンスターなのか別のものか

タイトルとURLをコピーしました