遊戯王OCGカード考察:《電脳堺麟-麟々(でんのうかいりん リィリィ)》墓地を肥やして特殊召喚してさらに墓地を肥やす

今回紹介するのはPHANTOM RAGE(ファントム・レイジ)よりこのカードです。

 

カード説明

電脳堺麟-麟々
効果モンスター
星6/地属性/幻竜族/攻1800/守 600
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、
自分フィールドの「電脳堺」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードとは種類(モンスター・魔法・罠)が異なる
「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。
その後、対象のカード及び墓地へ送ったカードとは種類が異なる
「電脳堺麟-麟々」以外の「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送る事ができる。
このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。

wiki

 

地属性幻竜族のレベル6モンスターです。

白を基調としつつも全体的に非常にカラフルな色合いの獣型ロボットです。

恐らくモチーフは中国神話に置ける伝説の生き物「麒麟(きりん)」でしょう。

鹿に近い外見ながら龍の頭と牛の尾、馬の蹄を持ち5色の背毛を持つと言われています。

 

スポンサーリンク

2回墓地を肥やせる

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、
自分フィールドの「電脳堺」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードとは種類(モンスター・魔法・罠)が異なる
「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。
このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。

その効果は1ターンに1度、自分の場の電脳堺カードを選択、

それとは別の種類の電脳堺カードをデッキから墓地へ送る事で

自身を手札から特殊召喚する自己展開効果です。

レベルかランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できなくなる事も含めて

多くのメインデッキの電脳堺モンスターが共通で持つ自己展開効果であり

事前にカードを用意しておく必要こそあるものの墓地を肥やしつつ自己展開を行えます。

特にこのカードは上級モンスターであり自己展開できる意味は大きいです。

 

その後、対象のカード及び墓地へ送ったカードとは種類が異なる
「電脳堺麟-麟々」以外の「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送る事ができる。

このカード固有の効果として墓地へ送ったカードとは別の種類の

かつ自身と同名カード以外の電脳堺1枚をデッキから墓地へ送る事が可能です。

共通効果と含めて一気に2枚もの墓地肥やしが可能です。

効果の特性上モンスター2体を同時に墓地に送る、という事はできませんが

逆を言えばどの状況でも1体はモンスターを墓地に送る事が可能であり

かつ魔法罠の電脳堺門も墓地で発動する効果を持っているので無駄になりません。

電脳堺門-青龍を墓地へ送る事で間接的に2体のモンスターを墓地へ送る事も可能です。

 

ランク6エクシーズに出張させるのも

墓地肥やしが重要となる【電脳堺】にとって効率的に墓地を肥やせるありがたいカードであり

土台作りに何かと役立ってくれる存在です。

またレベルが6なので電脳堺悟-老々と一緒に並べる事で

電脳堺凰-凰々を初めとするランク6のエクシーズ召喚にも繋げやすくなっています。

 

容易に特殊召喚できるレベル6モンスターかつ電脳堺麟-麟々での吊り上げに対応しているので

あちらや電脳堺嫦-兎々と一緒にランク6エクシーズを軸とするデッキに出張させるのもいいでしょう。

その場合電脳堺門-青龍を混ぜる事で各種電脳堺をサーチできるようになるので

墓地の電脳堺嫦-兎々の蘇生から自己展開に繋げやすくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました