遊戯王OCGカード考察:《鉄獣戦線(トライブリゲード) 銀弾のルガル》効果の発動タイミングはよく考えよう

今回紹介するのはPHANTOM RAGE(ファントム・レイジ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

鉄獣戦線(トライブリゲード) 銀弾のルガル
リンク・効果モンスター
地属性/獣戦士族/攻2300/LINK-3
【リンクマーカー:右/下/右下】
\ ↑ /
←  
↓ \
獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター2体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地からレベル4以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに持ち主の手札に戻る。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
自分フィールドのモンスターの種族の種類×300ダウンする。

wiki

 

【トライブリゲード】に属する地属性獣戦士族のLINK-3です。

ガスマスクを装着した銀髪の狼男です。

ハンドガンタイプの銃剣ならぬ銃斧を二刀流という非常に私好みのスタイルです。

カード名の由来は狼男を意味する「ルーガルー」からでしょう。

銀の弾丸は狼男の弱点として有名ですがそれを自分から扱っているあたりがニクいですね。

 

スポンサーリンク

相手ターンに墓地の3種族を蘇生

【リンクマーカー:右/下/右下】
獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター2体以上

リンク素材には獣族、獣戦士族、鳥獣族のいずれか2体以上を指定しています。

効果から考えてもこれら3種族を扱うデッキで使うのが基本となるでしょう。

【トライブリゲード】であれば各種トライブリゲードの共通効果で出すほかに

徒花のフェリジットからモンスターを展開して連続リンクに繋げる手もあります。

 

リンクマーカーは下、右下、右という波動拳コマンドのような配置です。

EX、メインモンスターゾーンどちらでも活用可能な使いやすいマーカーです。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地からレベル4以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに持ち主の手札に戻る。

①の効果は相手メインフェイズ時に1度、

手札か墓地からレベル4以下の獣族、獣戦士族、鳥獣族1体を特殊召喚するというものです。

効果は無効化されエンドフェイズには手札に戻ってしまいますが

墓地から蘇生した場合には手札から再び展開も可能となります。

鉄獣戦線ナーベルを蘇生すれば例え破壊されたとしてもあちらの効果に繋げられます。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
自分フィールドのモンスターの種族の種類×300ダウンする。

②の効果は1ターンに1度、墓地へ送られた場合に

そのターンの間相手のモンスター全ての攻撃力を

自分の場の種族の数×300ダウンさせる全体弱体化です。

発動条件的に簡単なのはこのカードを素材に

鉄獣戦線 凶鳥のシュライグなどの更なるリンクに繋げてしまう事でしょう。

リンク召喚に繋げつつ場に複数の種族を揃えるのは中々に大変ですが

例え1種類だけでも300ダウンであり攻撃力3000のシュライグが場にいれば

数多くのモンスターを戦闘破壊可能となります。

 

直接墓地に送れば戦闘サポートとしても

通常であれば相手ターンにモンスターを蘇生してもそれを活かすのは難しいですが

戦闘が介入しないタイミング、例えばメインフェイズ2などで

鉄獣の血盟などで蘇生して①の効果に繋げる事でより蘇生したモンスターを手札に戻しやすくなるでしょう。

 

②の効果はフィールドから墓地へ送る他に

EXデッキから直接墓地へ送る事でも発動が可能です。

複数の種族を並べられるデッキでおろかな重葬やドラグマ・パニッシュメントなどで墓地へ送る事で

結構な数値の全体弱体化を狙う事が可能です。

例えば3種族が場にいれば相手モンスター全体の攻撃力が900ダウンするので

【エンタメイト】のように複数のモンスターで殴りかかるようなデッキであれば

戦闘を有利にするカードの1つとして投入してみるのもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました