遊戯王OCGカード考察:《アルカナリーディング》コイントス用の万能サーチ、アルカナフォースならさらにおまけ効果

今回紹介するのはPHANTOM RAGE(ファントム・レイジ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

アルカナリーディング
通常魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:コイントスを1回行い、その裏表によって以下の効果を適用する。
自分のフィールドゾーンに「光の結界」が存在する場合、
コイントスを行わず裏表のどちらかを選んで適用する。
●表:デッキから「アルカナリーディング」以外の
コイントスを行う効果を持つカード1枚を手札に加える。
●裏:相手は自身のデッキからカード1枚を選んで手札に加える。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から「アルカナフォース」モンスター1体を召喚する。

wiki

 

【アルカナフォース】用のサポートとなる通常魔法です。

斎王琢磨の使っていたタロットカードがテーブルにばら撒かれ、

その内の1つが斎王と思われる手に取られ白い炎が上がっています。

カード名の由来は「タロットリーディング」からでしょう。

いわゆるタロットカードをめくりその絵柄や位置によって未来の予測や暗示を行うものです。

 

スポンサーリンク

 

表が出ればコイントス全般をサーチ

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:コイントスを1回行い、その裏表によって以下の効果を適用する。

①の効果は1ターンに1度、コイントスを1回行い

その裏表によってそれぞれの効果を適用するというものです。

 

●表:デッキから「アルカナリーディング」以外の
コイントスを行う効果を持つカード1枚を手札に加える。

表が出た場合は同名カード以外のコイントスを行うカード1枚を手札に加えるサーチ効果です。

アルカナフォースは勿論の事、デスペラード・リボルバー・ドラゴンや

カップ・オブ・エース、ヘッド・ジャッジングなどをサーチ可能です。

 

●裏:相手は自身のデッキからカード1枚を選んで手札に加える。

ただし裏が出た場合には相手に好きなカードをデッキからサーチさせてしまいます。

どんなカードでもサーチされてしまうという明確なデメリットでありいわゆるハズレ効果となります。

 

自分のフィールドゾーンに「光の結界」が存在する場合、
コイントスを行わず裏表のどちらかを選んで適用する。

またフィールドに光の結界が存在する場合にはコイントスを行わずに好きな方を適用可能です。

デメリットを気にせずにサーチ効果が発動可能となるので

できるだけ光の結界がある状態で発動するのがいいでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から「アルカナフォース」モンスター1体を召喚する。

②の効果は1ターンに1度、墓地から除外する事で

手札からアルカナフォース1体を召喚する召喚権追加です。

【アルカナフォース】の展開力の向上に繋がり

特にアルカナフォースVI-THE LOVERSがより活かしやすくなります。

 

 

【アルカナフォース】以外でもコイントスを用いるカードを採用していれば使用可能ですが

裏が出た場合のデメリットが強烈であり、またコイントスに成功したとしても

その効果がシンプルなサーチなのでセカンド・チャンスで成功確率を高めたとしても

よほどコイントスを行うカードがキーカードのデッキ、

例えばダーク・サンクチュアリ有する【ウィジャ盤】とかでない限りは

基本的には【アルカナフォース】で使うのが前提となるでしょう。

 

そのアルカナフォースならば条件次第で確実に成功でき主要なカード全般をサーチできる上に

召喚権も追加も出来るので非常に有用なカードです。

ただそれを踏まえても不遇なテーマの救済カードとしては少々控えめな性能でしょうか。

まあアルカナフォースには下手すると悪さしかねないアルカナフォースXXI-THE WORLDがいますから

それを警戒したのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました