遊戯王OCGカード考察:《転晶(てんしょう)のコーディネラル》中央と右端は危険地帯!

今回紹介するのはPHANTOM RAGE(ファントム・レイジ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

転晶のコーディネラル
リンク・効果モンスター
地属性/岩石族/攻1200/LINK-2
【リンクマーカー:右上/左下】
\ ↑
←   →
↓ \
効果モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:リンク状態のこのカード及び
このカードのリンク先のモンスターは相手の効果では破壊されない。
②:このカードのリンク先にモンスターが2体存在する場合に発動できる。
そのモンスター2体のコントロールを入れ替える。

wiki

 

地属性岩石族のLINK-2です。

袖などいくつかの部分が結晶になった煌びやかなドレスを身に纏う

プラチナブロンドの髪をした妙齢の女性です。

周囲にカラフルな結晶を漂わせていておりとても幽雅な戦い方をしそうです。

カード名の由来は「コーディネート」&「ミネラル」からでしょうか。

 

スポンサーリンク

右上と左下のコントロールを入れ替える

【リンクマーカー:右上/左下】
効果モンスター2体

リンク素材には効果モンスター2体を指定しています。

非常に緩い素材指定であり大抵のデッキでリンク召喚が行えるでしょう。

 

リンクマーカーは右上と左下に1つずつあります。

特に右上のリンク先に相手モンスターがいるかどうかは

このカードを扱う上で非常に重要になってきます。

相手が中央、もしくは一番右側にモンスターを置いた場合には

その左下のEXモンスターゾーンに置くようにするといいでしょう。

 

①:リンク状態のこのカード及び
このカードのリンク先のモンスターは相手の効果では破壊されない。

①の効果はリンク状態のこのカードと

このカードのリンク先のモンスターに相手の効果による効果破壊耐性を付与するというものです。

特にサンダーボルトのような全体除去に対して有効ですが

攻撃力は1200と低い為に戦闘破壊には注意が必要です。

双穹の騎士アストラムとは相性がよくあちらに効果破壊耐性を付与しつつ

このカードを戦闘から守る事が可能です。

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードのリンク先にモンスターが2体存在する場合に発動できる。
そのモンスター2体のコントロールを入れ替える。

②の効果は1ターンに1度、このカードのリンク先に

つまりこのカードの右上と左下両方にモンスターが存在する場合に

その2体のコントロールを入れ替えるというものです。

そのままだとコントロール奪取が出来るかどうかは相手次第となりますが

トーチ・ゴーレムのように相手に送り付けるカードと併用する事で安定して効果が狙えます。

ただ奪うだけでなく自分のモンスターとコントロールを入れ替える事になるので

サンドバッグ用のモンスターやリクルーターを送りつければより効果的です。

 

勿論相手が迂闊にエースモンスターを中央や右端に配置した場合には

容赦なくそれを奪い取る事も可能です。

条件さえ満たす事が出来れば対象に取らないコントロール奪取という強力な動きが可能です。

 

送り付けるカードと奪い返すカードを両方用意しよう

この手のコントロール交換系のカードとしては強制転移と同じく

送り付ける自分のモンスターをある程度自由に選べるのが特徴です。

それでいて相手の特定の場所にモンスターを置けばそれを奪い返す事が出来るので

「送りつけたいモンスター」と「奪い返したいモンスター」の両方があるデッキで活用するのがオススメです。

 

またこのカードの登場によりモンスターゾーンの中央と右端は

このカードにコントロールを奪われるというリスクが付きまとう事になりました。

このカードの存在を意識するのであれば少なくともエース級のモンスターは

この2か所には置かない方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました