遊戯王SEVENS第9話『素敵なジュラシック』感想

遊戯王セブンス第9話の感想です。今日は自分の誕生日でもあります。

 

 

前回のあらすじ:デスタムーア

 

 

ラッシュデュエル恐竜とはどういう効果だ?いつ発動する?

現在街をにぎわせる謎の壊獣の噂、ゴッシー。

ルークと遊我はその未知の壊獣に男のロマンを感じずにはいられません。

そしてそんな遊我はカイゾーを男のロマン探知機として改造します。

何でも熱い友情とかそういう男のロマン的要素を探知してくれるものだとか、何それすごい。

そしてカイゾーが早速反応、チームルークが向かった先は・・・馬井食堂。そこにいたのはある3人組。

それぞれ後藤ハント、堀田カセキ、そして部長の伯佛カンという名前です。

彼らはゴーハ第2小学校のデュエル恐竜研究クラブでゴッシーについての調査をしていました。

そして彼らはそのゴッシーの正体をラッシュデュエル恐竜だと推測します。

いやなんだよラッシュデュエル恐竜って

まあ実際にはラッシュデュエルに直接関係があるとかではなくて

ステゴザウルスの背ビレを5枚ドローする事からそう命名したという事なのですが

・・・いややっぱり意味わかんないなんだよ背ビレ5枚ドローって

ちなみにこのカン君、語尾がジュラシックです。また変な語尾ザウルス。

 

そんなラッシュデュエルを追い求める彼らに遊我とルークも協力的で

チームルークも一緒にゴッシーの探索に乗り出します。

彼らもラッシュデュエルの開発者と新聞のお悩み相談室をしているルークがいると心強いと言います。

どうやらゴーハ第2小学校にも七小新聞は広まっているようです。

すごいな今の所毎回話のタネに関わっているぞ七小新聞。

 

ルークの腸に電流走る

さてそんな彼らはカイゾーの男のロマン探知を頼りに探索を開始します。

しかし古い地層や餌になるそうな犬などを手掛かりに探すもゴッシーの情報は見つからず

町内の人々にルークが食べ物を恵んでもらっているだけの状態です。

カイゾーはずっと反応しっぱなしにも拘わらず操作が空振りなのを皆不思議に思います。

そしてひたすら食べてばかりいたルークがぽんぽんぺいんに見舞わトイレに駆け込みます。

それと同時に第2小の3人もトイレに行きたいといいます。

 

そして3人で連れションをしながら悪だくみをはじめます。

どうやら彼らはゴッシーを見つけたらジュラシックランドを開園、

一儲けしようと企んでいるようでした。割と俗物な3人組のようです。でも可愛い悪だくみですね。

しかし先ほどトイレに駆け込んでいたルークがその悪だくみを聞き取ります。

チームルークは怒って遺跡の場所は教えないというものの

遊我はラッシュデュエルに勝てたら教えても構わないといいます。

それに対してカンがデュエルの研究もしているという事で代表者として勝負を申し込みます。

こうして遊我VSカンのラッシュデュエルが開始されました。

 

 

人間は恐竜のエサ

先攻はカン、発掘と称しながらドローをしています。また新しいドローの名前です。

まず彼は魔法カード「神秘の海」を発動、

これはレベル4以下の水属性3体を手札から特殊召喚しつつ1枚ドローするというもので

これによりアンモ・ナイト、イクチオス・ガード、三葉虫の王様を守備表示で特殊召喚します。

まずは守備を固める方針のようですね。彼はこれでターンエンド。

 

遊我のターン、ドロー。

まずダーク・ソーサラーと風の子サイクを召喚して

ダーク・ソーサラーをリリースして風使いトルネをアドバンス召喚、

そして風の子サイクでダーク・ソーサラーを墓地から回収して再び召喚します。

そして風使いトルネの効果で攻撃力0のイクチオス・ガードを攻撃表示にしつつ

風使いトルネで攻撃してダメージを与えさらに守備表示モンスター1体もダーク・ソーサラーで戦闘破壊、

遊我はこれでターンエンドです。

 

カンのターン、発掘。

まずステゴケラトプスとベビー・ティーレックスを召喚しつつ

その2体をリリースしてメガザウラー2体をアドバンス召喚、

さらにメガザウラー1体をリリースして魔法カード「奇跡の共進化」を発動、

エースとなるスーパー・キング・レックスを特殊召喚し

その効果で墓地のメガザウラー1体を蘇生させます。

攻撃力2500のレベル8モンスターとレベル6モンスター2体という強力な布陣です。

そして3体のモンスターで遊我のモンスターを全滅させライフも大幅に削ります。

恐竜の前では人間などただの被捕食者に過ぎないと主張するカン。

ダーク・ソーサラーとかもあれ一応人間の区分のようです。

 

 

恐竜には隕石だ

カンはこれでターンエンド。勝利ムードの雰囲気に3人ではしゃいで盛り上がっています。

その様子を見て悪だくみをするような連中には見えないと疑問に思うチームルーク。

そして遊我は言います、彼らは本当は純粋に恐竜が大好きで

本来はそれを使って一儲けを企むような連中ではないと。

ずっと反応し続けていたカイゾーの男のロマン探知は実はずっとカンを指していました。

その為に他の探知が上手くっていなかったわけですね。

 

そんな遊我の言葉にカンはまだ小さいころを思い出します。

祖父と恐竜の糞の化石を見つけ、それに対して感動していた当時の自分。

自分はいつからこんなに汚れてしまったのかとショックを受けるカンに対して

本当に汚れていたら恐竜が現代に生きてるなんて信じないと説得する遊我に心を打たれます。

結果カン達は心を入れ替えチームルークの力に頼らずにゴッシーを探すと言い出します。

このままデュエルが有耶無耶になりそうな雰囲気となっていますが

工事現場を確かめにいってみようといった所で遊我の態度が急変、

デュエルに勝ったら調査はやめてもらうと露骨に焦りだします。

どうやら遊我には工事現場の噂の正体に心当たりがあるようです。

しかしルークは彼らにすっかり感化されて思いっきりあちらに寝返っています。

まあ元々ルークはゴッシーの調査がしたかったですからね。

 

さてそんな遊我のターン、ドロー。

クリボット2体を召喚しさらにその効果で墓地のクリボットを回収してそれも召喚します。

そして2体をリリースしてセブンスロード・マジシャンをアドバンス召喚。

しかしここでカンが罠カード「超越進化」を発動、スーパー・キング・レックスの攻撃力を1500アップさせ

さらに超越進化が墓地へ送られたことをトリガーに「捕食進化の頂点」も発動、

スーパー・キング・レックスに攻撃を強制させます。返り討ちでライフを0にしようという考えですね。

それに対し遊我はミスティック・ディーラーを召喚、

その効果で手札交換しつつクリボットと共にリリース、フルメテオ・インパクトをアドバンス召喚します。

そしてその効果で自身を墓地へ送って相手のレベル6以上のモンスターを全て破壊します。

恐竜に対して隕石で絶滅させるという構図ですね。

しかし超越進化の効果には破壊耐性も備わっていました。

これによりメガザウラー2体は破壊されるもののスーパー・キング・レックスは健在です。

それでも遊我は諦めません。魔法カード「クリボットリプル」を発動、

墓地のクリボット3体をデッキに戻しつつ2枚ドローします。

そして魔法カード「ロード・マジック-ダイアストロフィズム」を発動、

墓地のフルメテオ・インパクトの攻撃力2500分だけスーパー・キング・レックスの攻撃力をダウンします。

更にセブンスロード・マジシャンの効果で自身の攻撃力を3900まで上昇、

その攻撃によりカンのライフは0となりました。遊我の勝利です。

負けたけどどこか晴れ晴れとした気持ちのカン。

今の所ラッシュデュエルの敗北者で誰かが不幸になったという話はないですね。

今回のスタンスとして一貫させているのかもしれません。

 

 

あの男が動き出す

遊我が勝利したものの結局工事現場には赴く事になりました。

驚いて遊我をガクンガクン揺らすロミンちゃんが可愛い。

しかしゴッシーと思われていた影は・・・遊我が作ったノイズキャンセリング装置でした。

工事現場の音がうるさい為に作った発明で

工事現場の音に合わせて音を発して相殺するという代物です。

そのノイズキャンセリング装置がギターとアンプの形をしていた為に

ロミンが興味本位でそれを弾いてしまいます。

結果として周囲に大音量が響き渡り皆もだえ苦しむ事になりました。

 

さて遊我の発明が色々騒ぎを起こしたお詫びとして遺跡のあった場所へ案内します。

既にもぬけの殻となった遺跡跡地ですがハントが急にくしゃみをしだします。

彼は重要な化石があるとくしゃみをするという特異体質の持ち主だそうです。

そしてくしゃみをした際に砂ぼこりが発生、その結果床に隠れていた紋章を見つけます。

遺跡に関係する重要な痕跡を見つけたチームルーク一行、

そんな様子をロミンはこっそり盗撮していました。

そしてそのデータが送られた先は・・・ロミンの兄と思われる霧島ロア。

なんと俺様キャラでした。彼はそろそろライブの時間かなと動き出すようです。

 

 

 

 

というわけで恐竜回でした。なんだよ恐竜回って。

そして伯佛カンは語尾がジュラシックというまたインパクトある語尾のキャラとなっています。

これ明らかにティラノ剣山をリスペクトした感じの語尾ですよね。

 

そんな彼の使うデッキは勿論恐竜族メイン。

しかし恐竜族だけでなくアンモナイトなど他の種族のモンスターを使っており

それを活かすように水属性サポートも入れているという中々渋いデッキ構成です。

 

次回予告『遊我とルークのSEVENS研究所!』

今回は続きの話というわけではなく今までの見どころを振り返る回のようです。

要するに総集編ですね。変に期待させるよりも最初から総集編と分からせる方針のようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました