遊戯王OCGカード考察:《電幻機塊(でんげんきかい)コンセントロール》2体並べる方法は色々あります

今回紹介するのはCOLLECTION PACK 2020よりこのカードです。

 

 

カード説明

電幻機塊コンセントロール
効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻 100/守 100
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「機塊」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
自分フィールドに他の「電幻機塊コンセントロール」が特殊召喚された場合に発動できる。
デッキから「電幻機塊コンセントロール」1体を特殊召喚する。

wiki

 

【機塊】に属する闇属性機械族のレベル1モンスターです。

VRAINSにおいてロボッピが使用していたカードで

基本的にこのモンスターを元に各種リンクモンスターへ繋げるデッキの主軸的な扱いでした。

アニメでは同名モンスターがいる時に自己展開が可能でしたが

OCGに伴いやや条件が緩和されています。

 

プラグ型の足にコンセントの穴をした目が特徴的で

もう全身でコンセントモチーフですと主張しているピンクのロボットです。

 

スポンサーリンク

同名カードが特殊召喚されればさらにもう1体追加でドン

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「機塊」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、自分の場に機塊がいる場合に

手札から自身を特殊召喚する自己展開効果です。

機塊モンスターなら何が場にいても構いませんが

②の効果から特に同名カードを場に用意しておいて条件を満たすのがオススメです。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
自分フィールドに他の「電幻機塊コンセントロール」が特殊召喚された場合に発動できる。
デッキから「電幻機塊コンセントロール」1体を特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、このカードが場にある状態で

他のコンセントロールが特殊召喚された場合に

さらにもう1体コンセントロールをデッキから特殊召喚するリクルート効果です。

この効果を発動すれば3体のコンセントロールが並ぶ事になる為、

2体を充電機塊セルトパスのリンク素材にもう1体を他のLINK-に繋げる事が可能となります。

手札にコンセントロールが2体いれば1体を通常召喚した後に

もう1体を①の効果で特殊召喚すれば条件を満たせますし。

複写機塊コピーボックルで名前をコピーする事でも条件を満たす事が可能です。

レベル1なのでワン・フォー・ワンでデッキから直接特殊召喚したり

金華猫で1体を蘇生した後にもう1体を手札から特殊召喚するという手もあります。

使いまわしも大事です

【機塊】の中でも各種リンクモンスターの素材として基本となるモンスターであり

複写機塊コピーボックルもこのカードのサポートといった意味合いが強く

展開の基盤となるまさにキーカードと呼べる存在です。

いかにしてこのカードを2体並べて③の効果でもう1体出すかが重要となってくるでしょう。

前述の通り2体並べる方法は色々ありますし

デッキからはワンチャン!?で、墓地からダーク・バーストで手札から引っ張ってこれるので

上手く並べられるように駆使していくといいでしょう。

 

3体並べりゃすい関係上デッキからコンセントロールを枯渇してしまうケースも多く

そうなると②の効果も発動できなくなってしまうので

貪欲な壺などのデッキへ戻す手段も出来る限り用意しておきたい所です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました