遊戯王OCGカード考察:《タイム・ストリーム》化石融合に並ぶキーカード、②の効果はよく考えて使おう

今回紹介するのはCOLLECTION PACK 2020よりこのカードです。

 

 

カード説明

タイム・ストリーム
通常魔法
①:自分フィールドの「化石」融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをリリースし、
そのモンスターより元々のレベルが2つ高い「化石」融合モンスター1体を、
「化石融合-フォッシル・フュージョン」による融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
②:自分の墓地からこのカードと「化石」融合モンスター1体を除外し、
自分の墓地の「化石」融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

wiki

 

【化石】用の通常魔法です。

GXにおいてジム・クロコダイル・クックが使用したカードであり

その効果で新生代化石騎士 スカルポーンから中生代化石騎士 スカルナイトに、

中生代化石騎士 スカルナイトから古生代化石騎士 スカルキングに繋げるなどしていました。

アニメでは発動時にライフを半分払う必要があり、また対象モンスターをデッキに戻していましたが

OCG化に伴いライフコストが必要なくなり、リリースして発動するようになっています。

 

恐竜の化石が恐竜の姿に戻ろうとしています

作中でこのタイム・ストリームの効果を「時を遡ってモンスターを逆進化させる」と説明されており

時を巻き戻す事によって化石が全盛期だった時代を再現させているのでしょう。

 

スポンサーリンク

化石融合モンスターを古い時代に逆進化

①:自分フィールドの「化石」融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをリリースし、
そのモンスターより元々のレベルが2つ高い「化石」融合モンスター1体を、
「化石融合-フォッシル・フュージョン」による融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

①の効果は自分の場の化石融合モンスター1体をリリース、

そのリリースしたモンスターよりレベル2が2つ高い化石融合モンスター1体を

化石融合-フォッシル・フュージョンの効果扱いで融合召喚するというものです。

【化石版】のマスク・チェンジ、もしくはフォーム・チェンジとも言うべきカードで

新生代化石がレベル4、中生代化石がレベル6、古生代化石がレベル8となってるので

新生代→中生代→古生代といった風に「逆進化」が可能になっています。

1ターンに1度の制限もなくこのカードが2枚あれば

新生代化石騎士 スカルポーン新生代化石竜 スカルガーを

古生代化石騎士 スカルキング古生代化石竜 スカルギオスにする事も可能です。

 

②:自分の墓地からこのカードと「化石」融合モンスター1体を除外し、
自分の墓地の「化石」融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

②の効果は墓地から自身と化石融合モンスター1体を除外する事で

墓地の化石融合モンスター1体を特殊召喚する蘇生効果です。

このカードを発動していれば化石融合モンスターをリリースして墓地へ送っているはずなので

タイム・ストリームの効果で出した化石融合モンスターが墓地へ送られれば

それを蘇生できるようになっています。

墓地へ送られたターンに発動できない事を考えても

化石融合モンスターが処理された場合の保険としての意味合いが強くなるでしょう。

 

ただし化石融合モンスターは自身を墓地から除外して発動する効果を持っており

そちらと墓地コストの奪い合いになってしまいます。

併用するのであれば異次元からの埋葬など墓地コストを確保する手段も用意しておくといいでしょう。

スカルギオスを安定して出す貴重な手段

化石融合と並ぶ【化石】におけるキーカードであり

墓地に化石融合モンスターを送りつつより強力な化石融合モンスターに繋げられます。

特に相手の墓地にレベル7以上のモンスターを必要とする古生代化石竜 スカルギオス

相手がレベル7以上のモンスターを使用しない場合はこのカードに頼って出す事になります。

新生代化石騎士 スカルポーンの効果でサーチも出来るのでお世話になる機会は多いでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました