遊戯王カード考察:《標本の閲覧》さあ何を指定しようか

今回紹介するのはCOLLECTION PACK 2020 よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

標本の閲覧
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札の「化石融合-フォッシル・フュージョン」1枚を相手に見せて発動できる。
手札からモンスター1体を墓地へ送り、種族とレベルを1つずつ宣言する。
相手は自身の手札・デッキを確認し、
宣言された種族・レベルを持つモンスターがあった場合、その内の1体を墓地へ送る。

wiki

 

【化石】用の通常魔法です。

GXにおいてジム・クロコダイル・クックがティラノ剣山戦で使用し

レベル8恐竜族を指定して相手の究極恐獣を墓地へ送らせて化石融合に繋げました。

アニメでは化石融合-フォッシル・フュージョンを見せる必要がなく

また手札からモンスターを墓地へ送るのが効果ではなくコストでした。

 

悪魔やマンモスなどの様々な化石が転じられています。

 

アニメのイラストもほぼ同じ構図ですがOCG化に伴い科学者風の男が追加されています。

恐らくは考古学について研究していた時代のジムを意識しているのでしょう。

 

スポンサーリンク

レベルと種族があってれば相手のモンスターを墓地へ送る

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札の「化石融合-フォッシル・フュージョン」1枚を相手に見せて発動できる。
手札からモンスター1体を墓地へ送り、種族とレベルを1つずつ宣言する。
相手は自身の手札・デッキを確認し、
宣言された種族・レベルを持つモンスターがあった場合、その内の1体を墓地へ送る。

その効果は1ターンに1度、

手札から化石融合を相手に見せさらに手札からモンスター1体を墓地に送る事で

種族とレベルを1つずつ宣言、

もし相手の手札かデッキに宣言した種族とレベルのモンスターがいれば

その1体を墓地へ送るというものです。

相手の手札から墓地へ送れなければ2枚のディスアドバンテージとなってしまいますが

上手く指定したカードを墓地へ送らせる事が出来ればそれを素材に化石融合が狙えます。

 

ほぼ原作再現ではあるものの非常にテクニカルな効果です。

単純に相手のカードを墓地へ送らせるだけであれば

多くのデッキに採用されている灰流うららや増殖するGあたりが狙い目となるでしょう。

ただ下級モンスターであれば大抵のデッキはその内墓地へ送られるでしょうから

相手の墓地にモンスターが1体もいないという状況以外はそこまで狙う必要もありません。

そうなるとやはり中生代化石や古生代化石の融合素材となる

上級、最上級モンスターを墓地へ送りたい所です。

最上級モンスターの中で特に採用率が高いのはダイナレスラー・パンクラトプスでしょうか。

またドラグーン・オブ・レッドアイズを使ってくると判断した場合には

ブラック・マジシャンや真紅眼の黒竜も狙いどころです。

それ以外で汎用性が高いものとなると原始生命態ニビルですが

【化石】はそこまでニビルが刺さるテーマというわけでもないので

特にサイドチェンジ以降は相手が抜いてくる可能性も考えられます。

 

勿論相手のデッキを見極めて上級、最上級モンスターが入っていると踏めば狙い撃ちしていいでしょう。

儀式テーマやアドバンステーマであれば狙い撃ちもしやすいですし

例えば【ジェネレイド】が相手ならば氷の王 ニードヘッグあたりはまず確実に入っているでしょう。

他にも【オッドアイズ】、【ブルーアイズ】、【未界域】、

それから【堕天使】、【エンディミオン】、【ドラゴンメイド】あたりも狙い撃ちしやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました