遊戯王OCGカード考察:《ヌメロン・ウォール》ヌメロンでもそれ以外でも使える防御カード

今回紹介するのはCOLLECTION PACK 2020よりこのカードです。

 

 

カード説明

ヌメロン・ウォール
効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「ヌメロン・ウォール」以外のカードが自分フィールドに存在しない場合、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
手札・デッキから「ヌメロン・ネットワーク」1枚を選んで発動する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、そのダメージステップ終了後にバトルフェイズを終了する。

wiki

 

【ヌメロン】に属する闇属性悪魔族のレベル1モンスターです。

ZEXALにおいてドン・サウザンドが九十九遊馬&ナッシュ戦で使用したカードで

その効果で相手の攻撃を防ぎました。

アニメでは②の効果しかありませんでしたがOCG化に伴い

ヌメロン・ネットワークの一部の効果をこちらが引き継ぐ形になっています。

 

まさに壁、という感じの重厚な佇まいのゴーレムです。

ちなみにアニメのイラストだともう少し引き気味のイラストで全体図が見えるようになってました。

OCGではカメラを近づけると同時に下から見上げるようなアングルになっており

より迫力と重量感を強調した構図になっています。

 

スポンサーリンク

ダメージを喰らうと手札から出てきてバトルフェイズ終了

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「ヌメロン・ウォール」以外のカードが自分フィールドに存在しない場合、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
手札・デッキから「ヌメロン・ネットワーク」1枚を選んで発動する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

①の効果は他のカードがフィールドに存在しない場合に

手札かフィールドから自身を墓地に送る事で

手札かデッキからヌメロン・ネットワークを発動できるというものです。

【ヌメロン】においてヌメロン・ネットワークは必須カードとも言える存在であり

それを引っ張ってこれるこの効果の重要性は非常に高いです。

フリーチェーンで発動できるのもポイントで

②の効果を発動した後にそのままこちらの効果に繋げられます。

 

②:自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、そのダメージステップ終了後にバトルフェイズを終了する。

②の効果は戦闘ダメージを受けた時に自身を手札から特殊召喚、

そのままダメージステップ後にバトルフェイズを終了させるというものです。

いわゆる防御カードの1つであり効果としてはスモーク・モスキートに近いですが

あちらと違い戦闘ダメージは半減せずそのまま受けてしまう形になります。

ただあちらと違い自分から攻撃して戦闘ダメージを受けた場合にも特殊召喚は可能です。

とはいえその場合バトルフェイズを終了する点がデメリットになってしまうので

よほど特殊召喚したい場合以外では相手の攻撃に合わせて特殊召喚するのが基本となるでしょう。

 

色んなデッキの防御札として

【ヌメロン】では前述の通りヌメロン・ネットワークを引っ張ってこれる点もそうですが

CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャの効果を使うとフィールドががら空きになるので

その状態の時に相手の攻撃から身を守る意味でも大事なカードです。

とりあえず脳死で3枚積みしていいぐらいには必須カードだと言えるでしょう。

 

【ヌメロン】以外のデッキでも防御用のカードの1つとして採用する選択肢があります。

単純な防御カードとして見た場合にはスモーク・モスキートの方が受けるダメージを減らせますが

こちらはフリーチェーンで①の効果に繋げられるため

ヌメロン・ネットワークを他のデッキでも使いたい場合に選択肢に入ります。

またスモーク・モスキートと悪夢再びを共有できるので一緒に採用してもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました