遊戯王OCGカード考察:《機皇創出(きこうそうしゅつ)》機皇用の万能サーチ!インフィニティコアとは相性抜群

今回紹介するのはデュエリストパック-冥闇のデュエリスト編よりこのカードです。

 

 

カード説明

機皇創出
永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「機皇」モンスター1体を手札に加える事ができる。
②:手札を1枚捨て、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
③:自分フィールドの表側表示の「機皇」モンスターが戦闘・効果で破壊された場合、
このカード以外のフィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

wiki

 

【機皇】用のサポートとなる永続魔法です。

機皇帝グランエルの目が怪しく光りエネルギーが周囲に走っています。

 

スポンサーリンク

 

サーチしつつ破壊された時に魔法罠破壊

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「機皇」モンスター1体を手札に加える事ができる。

①の効果は1ターンに1度、

発動時にデッキから「機皇」と名の付くモンスター1体を手札に加えるサーチ効果です。

状況に応じて様々な機皇モンスターに繋げる事が可能であり

魔法罠をサーチして機皇帝のリクルートに繋げたければ機皇枢インフィニティ・コア、

墓地に機皇モンスターを揃えておきたいのであれば機皇兵廠オブリガード、

既に特殊召喚できる準備が整っているのであれば機皇神龍トリスケリアと使い分けていけます。

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:手札を1枚捨て、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

②の効果は1ターンに1度、手札を1枚すてる事で自分のモンスター1体を破壊するというものです。

手札を捨ててまでやる事が自分の破壊と二重の意味でディスアドバンテージとなっていますが

③の効果に繋げられますし機皇には破壊される事をトリガーとする効果が多くそれを能動的に発動可能です。

それでも基本はブラック・ホールや激流葬などを使った方が損がありませんが

特に序盤であれば手札のカードを墓地に送る事がメリットにつながる事も多いでしょう。

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:自分フィールドの表側表示の「機皇」モンスターが戦闘・効果で破壊された場合、
このカード以外のフィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

③の効果は1ターンに1度、自分の機皇モンスターが戦闘破壊か効果破壊された場合に

表側表示の魔法罠1枚を破壊できるというものです。

表側表示限定の為、機能する相手は限られますが

フィールド魔法を活用するデッキなどはそれが狙い目となってくるでしょう。

自分のカードも破壊する事が可能であり機皇城を破壊すれば疑似的なサーチとしても機能しますし

グレイモヤ不発弾や盗人の煙玉と組み合わせる手もあります。

 

インフィニティ・コアと合わせて1枚で機皇帝を出せる

昨今では割と一般的となったおまけ効果付きの専用サーチであり

②と③の効果は効果的に使える状況は限られるものの要所要所で役に立つものとなっています。

少なくともサーチ効果のついでで使える性能としては充分と言えるでしょう。

 

機皇枢インフィニティ・コアでサーチが可能であり②の効果の為の手札コストを確保しつつ

このカードを発動してコアを破壊する事で実質的に1枚で各種機皇帝の特殊召喚が狙えます。

同時に墓地に3体の機皇モンスターが揃う事になる為

機皇神龍トリスケリア特殊召喚の布石としても効果的に機能してくれるでしょう。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました