遊戯王OCGカード考察:《宇宙との交信》サイコ・ショッカー以外でも色々使えます

今回紹介するのはデュエリストパック-冥闇のデュエリスト編よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

宇宙との交信
永続魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:元々の持ち主が相手となる自分フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
自分の手札・墓地から機械族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
②:自分フィールドに「人造人間-サイコ・ショッカー」が存在し、
相手ドローフェイズに相手が通常のドローをした時、
カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
ドローしたカードをお互いに確認し、宣言した種類だった場合、
このカードを墓地へ送り、自分はデッキから1枚ドローする。

wiki

 

【サイコ・ショッカー】用のサポートとなる永続魔法です。

エスパー絽場が額に指を置き宇宙から電波を受信しています。

作中でエスパー絽場がよくしていたポーズであり絽場といえばこのポーズって印象がありますね。

 

スポンサーリンク

奪った相手モンスターをリリースして機械族蘇生

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:元々の持ち主が相手となる自分フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
自分の手札・墓地から機械族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、元々の持ち主が相手となる自分モンスター1体を墓地へ送る事で

手札か墓地から機械族モンスター1体を特殊召喚出来るというものです。

原作でエスパー絽場はコントロール奪取で奪った相手モンスターをリリースして

人造人間サイコ・ショッカーをアドバンス召喚していたのでそれを意識した効果なのでしょう。

コントロール奪取が前提となる効果であり精神操作や大捕り物の他

【サイコ・ショッカー】などのランク6のエクシーズ召喚を狙えるデッキであれば

人造人間-サイコ・レイヤーを活用する手もあります。

その他では死者蘇生などで相手モンスターを蘇生する事でも発動条件を満たせます。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドに「人造人間-サイコ・ショッカー」が存在し、
相手ドローフェイズに相手が通常のドローをした時、
カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
ドローしたカードをお互いに確認し、宣言した種類だった場合、
このカードを墓地へ送り、自分はデッキから1枚ドローする。

②の効果は自分の場に人造人間-サイコ・ショッカーがいる場合に1ターンに1度、

相手が通常のドローをした際にそのカードの種類を宣言、

当たっていた場合にはこのカードを墓地へ送って1枚ドローできるというものです。

天変地異などのサポートを活用しない限り安定して発動を狙う事は難しいですが

外れても一切デメリットはなく毎ターン相手のドローしたカードを確認する事が可能です。

むしろ当たってしまうと1枚ドローの代わりにこのカードを墓地へ送ってしまうので

特に①の効果が目当ての場合わざと外してカードの確認だけするという使い方も可能です。

その場合は相手のデッキ次第ですが罠カードあたりを宣言しておけば外れる可能性も高いでしょう。

 

スポンサーリンク

他の機械族デッキにも

②の効果は結局の所当たった場合でも1:1交換なので

基本的には①の効果をメインに活用していく事になるでしょう。

その為にはコントロール奪取との併用が必要になってくるので

人造人間サイコ・レイヤーや精神操作、大捕り物などといった

コントロール奪取系のカードはできるだけ用意しておきましょう。

 

逆にそれらのコントロール奪取を揃えたデッキであれば【サイコ・ショッカー】以外でも

毎ターン機械族を蘇生できるカードとして活用する事が可能です。

【閃刀姫】あたりはコントロール奪取できる閃刀機-ウィドウアンカーもあるので活用しやすいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました