遊戯王OCGカード考察《古の呪文》さあ皆も意味不明な呪文を唱えて原作再現しよう!

今回紹介するのはデュエリストパック-冥闇のデュエリスト編よりこのカードです。

 

 

カード説明

古の呪文
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分のデッキ・墓地から「ラーの翼神竜」1体を選んで手札に加え、
このターン自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズにアドバンス召喚できる。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
発動後、このターン中に自分が「ラーの翼神竜」のアドバンス召喚に成功した場合、
その元々の攻撃力・守備力は、そのアドバンス召喚のためにリリースしたモンスターの
元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。

wiki

 

ラーの翼神竜用のサポートとなる通常魔法です。

ラーの翼神竜がスフィアモードから形を変え本来の姿になろうとしています。

原作において最初ラーはスフィアモードとして現れ意味不明な呪文こと

ヒエラティックテキストの呪文を唱える事で戦闘モードになる様子を現しているのでしょう。

 

スポンサーリンク

ラーの翼神竜の第1の効果を再現

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分のデッキ・墓地から「ラーの翼神竜」1体を選んで手札に加え、
このターン自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズにアドバンス召喚できる。

①の効果は1ターンに1度、デッキか墓地からラーの翼神竜を手札に加え

更に通常召喚に加え1度アドバンス召喚できるというサーチ&召喚権追加です。

神・スライムやリアクター・スライム、ラーの使徒などを活用する事で

このカードと2枚あればラーの翼神竜のアドバンス召喚が可能となります。

アドバンス召喚するモンスターに特に制限はないので

サーチするだけして別のモンスターをアドバンス召喚する事も可能です。

オシリスの天空竜あたりは同じ要領でアドバンス召喚が可能ですし

手札を1枚補充でき攻撃力を上げられるのでサーチ効果も無駄になりません。

 

②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
発動後、このターン中に自分が「ラーの翼神竜」のアドバンス召喚に成功した場合、
その元々の攻撃力・守備力は、そのアドバンス召喚のためにリリースしたモンスターの
元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。

②の効果は墓地から除外するする事でそのターンラーの翼神竜をアドバンス召喚した場合に

リリースしたモンスターの元々の攻撃力、守備力の合計だけラーの翼神竜の攻撃力に加える強化効果です。

原作におけるラーの翼神竜第1の効果を再現したものとなっており

既存のモンスターでは魔獣皇帝ガーゼットに近い効果です。こちらは守備力も上がります。

例としてラーの使徒3体をリリースしてアドバンス召喚すれば攻撃力が3300上昇し

初期ライフの8000であればラーの翼神竜本体の効果と合わせて11200にまで到達し

3200打点以下を殴れば1ターンキルが成立します。

 

スポンサーリンク

ロマンを求めてみる?

特にガーディアン・スライムと相性がよく

あちらを素材に神・スライムを出す事でガーディアン・スライムでこのカードをサーチ、

そこからこのカードでラーの翼神竜をサーチしてアドバンス召喚と

ガーディアン・スライムさえ場に出せれば1枚でラーの翼神竜に繋げられます。

神・スライムの1体をリリースするだけでも3000の攻撃力アップが可能であり

ラーの翼神竜本体の効果と合わせれば十分な攻撃力を発揮できます。

 

ただやっぱりこの手の攻撃力加算系の効果はロマンを求めたくなるものです。

高い攻撃力を狙いやすいのは【聖刻】あたりで

青眼の白龍を2体ほど並べて聖刻龍王-アトゥムスあたりと一緒にリリースすれば

8400ほどの攻撃力上昇が狙えます。

ラーの翼神竜の打点強化と合わせれば攻撃表示のモンスターさえ突っ立っていれば1ターンキルできるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました