遊戯王OCGカード考察:《根絶の機皇神(こんぜつのきこうしん)》一気に3体特殊召喚できるメイン展開手段

今回紹介するのはデュエリストパック-冥闇のデュエリスト編よりこのカードです。

 

 

カード説明

根絶の機皇神
通常罠
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「機皇」モンスター3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを手札に加えるか召喚条件を無視して特殊召喚する。
このカードの発動後、
次の自分ターンの終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。
②:自分フィールドに「機皇神」モンスターが存在する場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
相手フィールドのSモンスター1体を選んで破壊し、
その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

wiki

 

【機皇】用のサポートとなる通常罠です。

機皇兵や機動要塞フォルテシモをバックに機皇神龍アステリスクが佇んでいます。

作中でアステリスクを特殊召喚した場面を意識しているのでしょう。

 

スポンサーリンク

機皇3体を一気に蘇生

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「機皇」モンスター3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを手札に加えるか召喚条件を無視して特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、墓地の機皇と名の付くモンスター3種類を

手札に加えるか召喚条件無視で特殊召喚する墓地回収or蘇生効果です。

最大で一気に3体ものモンスターを蘇生する事ができ

場に揃えれば機皇神龍アステリスクの特殊召喚が、

手札に用意すれば機皇神マシニクル∞の特殊召喚がそれぞれ狙えます。

発動するには墓地に3種類の機皇モンスターを用意する必要がありますが

機皇兵廠オブリガードをリリースして2種類の機皇兵を特殊召喚して

それらを墓地に送る事で条件を満たせるので難易度は高くありません。

 

機皇帝や機皇神の蘇生も可能ですが蘇生制限は無視できないので

機皇枢インフィニティ・コアなどで特殊召喚した場合は蘇生できない点に注意です。

 

このカードの発動後、
次の自分ターンの終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。

制約としてカードを発動したターンは機械族しか特殊召喚ができなくなります。

蘇生したモンスターをエクシーズ素材やリンク素材にする場合は機械族に限定されます。

それでもクリフォート・ゲニウスや幻獣機アウローラドン、

ギアギガント Xなど結構選択肢はあります。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドに「機皇神」モンスターが存在する場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
相手フィールドのSモンスター1体を選んで破壊し、
その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

②の効果は1ターンに1度、場に機皇神が存在する場合に

墓地から除外する事で相手シンクロ1体を破壊、その元々の攻撃力分のダメージを与えるというものです。

墓地コストだけで特殊召喚の狙える機皇神龍トリスケリアを出すのが一番条件を満たしやすいでしょう。

まさにシンクロキラーとも言える効果であり

シンクロデッキ相手であれば優秀な除去兼バーン効果として機能します。

 

主力の展開手段の1つ

②の効果は相手を選ぶものの①の効果だけでも十分に強力で

【機皇】における有力な展開手段の1つとして重宝します。

単純に機皇兵3体を蘇生するだけでも優秀ですが

1度機皇神龍トリスケリアを正規の手段で特殊召喚できていれば

そちらの蘇生手段としても積極的に活用していけるでしょう。

上手くいけば機皇帝3体を一気に並べるという夢のある事も可能です。

 

総じて普通に使っても強力で相手がシンクロを使っていればさらに超強力という

まさにシンクロキラーなカードと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました