遊戯王OCGカード考察:《機皇枢(きこうすう)インフィニティ・コア》ワイズ・コア、スカイ・コア、グランド・コア全部乗せの豪華仕様!

今回紹介するのはデュエリストパック-冥闇のデュエリスト編よりこのカードです。

 

 

カード説明

機皇枢インフィニティ・コア
効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻 0/守 0
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「機皇」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
③:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
同じ属性のモンスターが自分フィールドに存在しない「機皇帝」モンスター1体を
手札・デッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスター1体でしか攻撃宣言できない。

wiki

 

【機皇】の新規となる闇属性機械族のレベル1モンスターです。

赤が1つ、緑が3つの合計4つの目が武器に光るオブジェクトです。

5D’sにはワイズ・コア、スカイ・コア、グランド・コアという各種機皇帝の核となるモンスターがいましたが

このカードは機皇神マシニクル∞のコアユニットといった感じのデザインになっています。

 

スポンサーリンク

破壊すればデッキから好きな機皇帝を特殊召喚

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「機皇」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚した場合に

デッキから「機皇」と名の付く魔法罠を手札に加えるサーチ効果です。

他の機皇モンスターをサーチできる機皇創出や

墓地からの蘇生に繋げられる根絶の機皇神あたりが有力なサーチ候補となるでしょう。

 

②:このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。

②の効果は1ターンに1度だけ戦闘で破壊されない限定的な戦闘破壊耐性です。

守備表示で出せば1回だけは攻撃を防ぐ事が可能ですが

攻撃力も守備力も0なので弱小モンスターに2回攻撃されるだけで戦闘破壊されてしまいます。

とりあえず1回だけ攻撃を防いだ後に機皇帝ワイゼル∞-S・アブソープションの為にリリースするか

何かしらで破壊して③の効果に繋げるのが無駄がありません。

 

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
同じ属性のモンスターが自分フィールドに存在しない「機皇帝」モンスター1体を
手札・デッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。

③の効果は1ターンに1度、効果破壊された場合に

フィールドに存在しない属性の機皇帝1体を

手札かデッキから召喚条件無視で特殊召喚出来るというものです。

5D’sにおけるワイス・コア、スカイ・コア、グランド・コアを意識した効果であり

なおかつどの機皇帝もデッキから呼び出せるという全部乗せ欲張り仕様となっています。

とにかく激流葬でもブラック・ホールでも何かしらで破壊すればOKであり

非常に緩い条件でデッキから機皇帝を特殊召喚が可能です。

各種機皇帝は手札から特殊召喚できる効果を持っていますが

こちらはタイミングを逃さないようになっている為手札からの特殊召喚も無駄ではありません。

 

この効果で特殊召喚した機皇帝は蘇生制限にひっかかるため

根絶の機皇神で蘇生を狙う場合には気を付けましょう。

 

この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスター1体でしか攻撃宣言できない。

制約として発動したターンは1体でしか攻撃できなくなります。

とはいえ機皇帝ワイゼル∞と機皇帝スキエル∞は元から1体でしか攻撃できないので

機皇帝ワイゼル∞-S・アブソープションや機皇帝グランエル∞を出す時だけ気を付けましょう。

 

各種コアを全部乗せで再現しました

ワイズ・コア、スカイ・コア、グランド・コアを全部ひとまとめにして原作再現したようなカードであり

各種機皇帝が非常に出しやすくなりました。

特に機皇帝ワイゼル∞を特殊召喚する事は相手の魔法の妨害にも繋がる為

それが出しやすくなる意味は大きいです。

サーチ効果も含めて【機皇】を支えるカードとなってくれるでしょう。

とりあえずこいつを出して破壊するのが【機皇】における動きの1つとなってきます。

 

守備力0の闇属性という事で悪夢再びにも対応しており

機皇神龍トリスケリアや機皇兵ワイゼル・アインと共有する事が可能です。

手札に機皇を揃える事は機皇神マシニクル∞の特殊召喚にも役立つでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました