遊戯王カード考察:《魔鏡導士(まきょうどうし)サイコ・バウンダー》サイコショッカー用のサーチ要員

今回紹介するのはデュエリストパック-冥闇のデュエリスト編よりこのカードです。

 

 

カード説明

魔鏡導士サイコ・バウンダー
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1700/守1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
「人造人間-サイコ・ショッカー」1体
またはそのカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。
②:このカード以外の自分のモンスターが相手モンスターに攻撃されたダメージ計算前に発動できる。
攻撃モンスターとこのカードを破壊する。

wiki

 

魔鏡導士リフレクト・バウンダーのリメイクとなる光属性機械族のレベル4モンスターです。

 

ビフォー

 

 

アフター

全体的に銀色のパーツが増えておりより機械らしさが強調されています。

剥き出しになったケーブルで鏡部分にとりつけられた背中のユニットが印象的です。

 

スポンサーリンク

召喚時にサイコショッカー関連の魔法罠をサーチ

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
「人造人間-サイコ・ショッカー」1体
またはそのカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚した場合に

デッキから人造人間-サイコ・ショッカーか

効果のテキストに「人造人間-サイコ・ショッカー」の単語が記された魔法罠を手札に加えるサーチ効果です。

該当カードはサイコショッカー本体の他、宇宙の法則、宇宙との交信、電脳エナジーショック、

それから電脳増幅機が該当します。

サイコショッカー本体をサーチしてもどうやって場に出すかの課題が出てくる為

サイコショッカー本体の特殊召喚や他のモンスターのサーチに繋げられる宇宙の法則が有力候補となるでしょう。

既にサイコショッカーが場にあるなら電脳エナジーショックが有力です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカード以外の自分のモンスターが相手モンスターに攻撃されたダメージ計算前に発動できる。
攻撃モンスターとこのカードを破壊する。

②の効果は1ターンに1度、自分以外のモンスターが相手に攻撃された場合に

その攻撃してきたモンスターと自身を破壊するというものです。

元のリフレクト・バウンダーと違い自分以外への攻撃がトリガーとなっています。

相手としてはこのカードを真っ先に攻撃してくるはずなので

シャーク・フォートレスなど攻撃対象を強制させる手段を別途用意する必要があります。

 

スポンサーリンク

出した後の事も考えよう

②の効果を有効に活用するのは中々難しいので

基本的には①の効果をメインに活用していく事になるでしょう。

宇宙の法則を使えばサイコショッカーの展開を間接的に補助ができますし

他のサイコショッカー関連のモンスターは大体上級以上かつ自己展開効果があるので

このカードに召喚権を使っていく事は多いでしょう。

 

単純にサーチカードとしてサイコショッカーがいない場合は宇宙の法則、

いる場合は電脳エナジーショック、コントロール奪取がある場合は宇宙との交信と

状況によって柔軟に引っ張ってくるカードを変えられますが

【サイコショッカー】はレベル6のモンスターを軸とするので

レベル4であるこのカードは逆に場に出した後、

エクシーズ素材にしたい場合などに困るケースが出てきます。

そのあたり意識するなら自己展開効果を持ったレベル4を一緒に採用してもいいでしょう。

まあそのまま場に残して②の効果を自分が攻撃される為の囮と割り切ってもいいのですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました