遊戯王OCGカード考察:《機皇兵廠(きこうへいしょう)オブリガード》他の機皇兵と一緒に機械族デッキへ出張させるのも

今回紹介するのはデュエリストパック-冥闇のデュエリスト編よりこのカードです。

 

 

カード説明

機皇兵廠オブリガード
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1200/守1800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、デッキから「機皇兵廠オブリガード」以外の
「機皇兵」モンスター2体を守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、
自分フィールドの「機皇」モンスターの数×100ダメージを相手に与える。

wiki

 

機皇兵の新規となる光属性機械族のレベル4モンスターです。

機皇帝ワイゼル∞が機動要塞フォルテシモと合体したような姿となっています。

肩から触手のようなユニットがいくつも取り付けられているのが印象的です。

 

スポンサーリンク

自身を破壊してデッキから機皇兵2体を特殊召喚

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、デッキから「機皇兵廠オブリガード」以外の
「機皇兵」モンスター2体を守備表示で特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、自身を破壊する事で

デッキから同名カード以外の機皇兵2体を守備表示で特殊召喚するというものです。

機皇版のレスキューキャットやレスキューラビットととも言うべき効果であり

効果発動時に破壊を伴うため各種機皇帝の特殊召喚のトリガーとしても機能します。

カオス・インフィニティあたりでもう1体機皇兵を特殊召喚する事で

機皇神龍アステリスクの召喚条件を満たすことも可能です。

 

この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。

制約として効果を発動したターンは機械族しか特殊召喚ができなくなります。

とはいっても機皇兵2体を素材に出せるモンスターの選択肢はそれなりにあり

エクシーズではギアギガント XやNo.27 弩級戦艦-ドレッドノイド、

リンクではクリフォート・ゲニウスやプラチナ・ガジェットなどに繋げられます。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、
自分フィールドの「機皇」モンスターの数×100ダメージを相手に与える。

②の効果は1ターンに1度、墓地へ送られたターンのエンドフェイズに

自分の場の機皇と名の付くモンスターの数×100のダメージを相手に与えるバーン効果です。

ダメージは微々たるものですが①の効果を発動すれば自然とこの効果に繋げられる他、

デッキや手札から墓地に送られても発動すると発動条件が非常に緩く

特に意識せずともささやかながらもダメージの足しとして機能します。

 

スポンサーリンク

トリスケリアがとても出しやすく

特に機皇神龍トリスケリアの特殊召喚に役立つカードであり

リクルートした機皇兵2体で各種機械族エクシーズやリンクに繋げつつ

墓地に機皇3体を揃えてトリスケリアの墓地肥やしとして機能します。

 

また機械族中心のデッキあれば制約もそれほど問題にならないので

レスキューラビットのような感覚で他の機械族デッキに機皇兵と一緒に混ぜるのもいいでしょう。

デッキからレベル4の機械族2体を特殊召喚できるのもそうですが

墓地へ送った後も根絶の機皇神で3体まとめての蘇生が狙えるのもポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました