遊戯王OCGカード考察:《電脳(サイバー)エナジーショック》おまけ効果付きフリーチェーン万能除去!おまけがなくても優秀

今回紹介するのはデュエリストパック-冥闇のデュエリスト編よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

電脳エナジーショック
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「人造人間-サイコ・ショッカー」が存在する場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果でフィールドの罠カードを破壊した場合、
さらに以下の効果から1つを選択して適用できる。
●フィールドの表側表示のカード1枚を選び、その効果をターン終了時まで無効にする。
●自分フィールドの全ての「人造人間-サイコ・ショッカー」の攻撃力は800アップする。

wiki

 

人造人間-サイコ・ショッカー用のサポートとなる速攻魔法です。

電脳エナジーショックとはサイコ・ショッカーの攻撃名でありいわゆる必殺技カードの一種です。

サイコ・ショッカーが両手からエネルギーをチャージしてデスボール的なのを作り上げています。

アングル的には原作のリシド戦が一番近いでしょうか。

 

スポンサーリンク

フリーチェーン除去、罠カードを破壊すれば更におまけ

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「人造人間-サイコ・ショッカー」が存在する場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

その効果は1ターンに1度、自分の場に人造人間-サイコ・ショッカーがいる場合に

フィールドのカードを破壊するというものです。

効果の発動としては人造人間-サイコ・ショッカーか人造人間-サイコ・ジャッカーが必要になります。

驚異の人造人間-サイコ・ショッカーでは発動できない点には注意です。

発動条件こそあるものの特にコストのかからないフリーチェーンの除去としてシンプルに優秀で

展開の妨害など幅広く活用が可能です。

 

この効果でフィールドの罠カードを破壊した場合、
さらに以下の効果から1つを選択して適用できる。

また罠カードを破壊した場合にはさらに2つある効果のうちどちらか片方を発動できます。

 

●フィールドの表側表示のカード1枚を選び、その効果をターン終了時まで無効にする。

1つ目はフィールドの表側表示カードの効果をターン終了時まで無効にするというものです。

対象に取らない効果であり対象耐性を持っているようなエースモンスターの効果を無効にして

改めて別の除去カードで処理するといった動きが可能となります。

また自分のカードにも使える為サイコ・ショッカーの効果を一時的に無効化して

罠を発動できるようにするなんて芸当も可能です。

 

●自分フィールドの全ての「人造人間-サイコ・ショッカー」の攻撃力は800アップする。

2つ目は自分の人造人間-サイコ・ショッカー全ての攻撃力を永続的に800アップさせる強化効果です。

3200打点にまで上昇するのでエース級の相手にも戦闘破壊が狙えるようになります。

人造人間-サイコ・ジャッカーに地獄の暴走召喚を使えば3体並べる事も可能であり

3200打点で3回攻撃できるというのは相当に強烈です。

人造人間-サイコ・ジャッカーにも効果が適用されますが

攻撃力が上昇しても1600打点なのでそこまでうま味はありません。

とはいえ地獄の暴走召喚から繋げた場サイコ・ショッカーで相手相手モンスターを根こそぎ戦闘破壊した後

サイコ・ジャッカーの直接攻撃でトドメをさせるというケースもあるでしょう。

単純に除去カードとして使ってもいい

罠カードを破壊した時の効果は中々に美味しいものですが

その為には上手く罠カードを破壊できるかがカギとなるでしょう。

罠カードならラッキーと考えてとりあえず伏せカードを破壊してみるのも1つの手ですが

確実に発動を狙うのであれば永続罠を狙ったり

サイコ・ギガサイバーで相手モンスターを無理やり永続罠にしてしまうのがいいでしょう。

 

最も単純にフリーチェーンの除去カードとして使っても十分有用なので

基本は展開の妨害に相手モンスターを破壊する用途で使い、

もし相手が永続罠を発動していたり特にモンスターを破壊する必要が無い状態で

魔法罠をセットしてきたらそれを狙う、ぐらいの割り切り方をしてもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました