遊戯王OCGカード考察:《太陽神合一(たいようしんごういつ》第2の効果を忠実に再現!ちゃんと回復もできる!

今回紹介するのはデュエリストパック-冥闇のデュエリスト編よりこのカードです。

 

 

カード説明

太陽神合一
永続罠
このカード名の①②の効果は同一チェーン上では発動できず、
自分フィールドに元々のカード名が「ラーの翼神竜」となるモンスターが存在する場合、
このカードはセットしたターンでも発動できる。
①:自分・相手のメインフェイズに、100LPになるようにLPを払って発動できる。
自分フィールドの特殊召喚された「ラーの翼神竜」1体を選び、
その攻撃力・守備力を払った数値分アップする。
②:1ターンに1度、自分フィールドの「ラーの翼神竜」1体をリリースして発動できる。
その攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

wiki

 

ラーの翼神竜用のサポートとなる永続罠です。

ラーの翼神竜がゴッドブレイズキャノンによって相手を消し炭にしています。

よく見ると喰らっている相手はダーク・ネクロフィアなどのバクラのモンスターとなっています。

このカードがラーの翼神竜の第2の効果を意識したものとなっている為

それが初めて判明したバクラ戦を意識したイラストとなっているのでしょう。

 

スポンサーリンク

第2の効果を再現!

自分フィールドに元々のカード名が「ラーの翼神竜」となるモンスターが存在する場合、
このカードはセットしたターンでも発動できる。

まず効果外テキストとして場にラーの翼神竜がいる場合にはセットしたターンで発動が可能です。

基本的にラーの翼神竜がいる時に機能する効果なので

ファントム・オブ・カオスなどでコピーしていない限りは自然と発動条件を満たせるでしょう。

他の効果にも言えますが不死鳥や球体形では条件を満たせない点には注意です。

 

①:自分・相手のメインフェイズに、100LPになるようにLPを払って発動できる。
自分フィールドの特殊召喚された「ラーの翼神竜」1体を選び、
その攻撃力・守備力を払った数値分アップする。

①の効果はお互いのメインフェイズにライフを100になるように支払う事で

特殊召喚されたラーの翼神竜1体の攻撃力守備力を払った数値分だけアップさせる自己強化効果です。

原作におけるラーの翼神竜第2の能力を再現した効果であり

ここまでするなら払うライフも残り100ではなく残り1にしてもいい気がしますが

さすがにそれは色々な計算がややこしくなるという配慮なのでしょう。

 

特殊召喚限定なので千年の啓示やラーの翼神竜-球体形などでの特殊召喚を狙う事にあります。

同様の効果は正規の手順で通常召喚したラーの翼神竜にも備わっていますが

あちらと違いメインフェイズ中の好きなタイミングで発動を狙えるというのがポイントで

あちらの④の効果でモンスターを破壊した後にこの効果でライフを払うといった動きが可能です。

 

②:1ターンに1度、自分フィールドの「ラーの翼神竜」1体をリリースして発動できる。
その攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

②の効果は1ターンに1度、ラーの翼神竜をリリースする事で

その攻撃力分だけライフを回復できるというものです。

こちらもラーの翼神竜の第2の効果を再現したものとなっており

攻撃した後のライフ絶体絶命状態をフォローできるようになっています。

フリーチェーンで発動できる為リリース・エスケープとしても使える他

非常に多くのライフを回復できる効果であり

例えばNo.43 魂魄傀儡鬼ソウル・マリオネッターと組み合わせる事で

強力な自己強化&バーン効果に繋げる事も可能です。

 

このカード名の①②の効果は同一チェーン上では発動できず、

制約として①と②の効果は同じチェーン上での発動はできません。

この為①の効果の発動時にチェーンしてラーの翼神竜を除去されてしまうと

ライフ100の状態を晒してしまうので危険な状態となってしまいます。

 

スポンサーリンク

眷竜スターヴでコピーするのも効果的

セットしたターンに発動できる効果外テキスト以外は元々のカード名を指定していません。

その為何らかの手段でラーの翼神竜の名前をコピーした場合でも効果を発動する事が可能です。

覇王眷竜スターヴ・ヴェノムでラーの翼神竜をコピーする事で

初期ライフであれば攻撃力10700の貫通効果持ちという強烈な攻撃性能を確保可能であり

守備力2700以下のモンスターに攻撃すれば1ターンキルが成立します。

仮に相手が生き残ったとしても③の効果でライフを10700回復できる為、

後のラーの翼神竜を出す場合の助けにもなってくれるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました