遊戯王OCGテーマ考察:【ヌメロン】ZEXALの大ボス、ついにOCGに降臨!一気に4体のナンバーズを展開!

ヌメロン

遊戯王ZEXALにおける実質的な大ボス、ドン・サウザンドが

ヌメロン・コード(いわゆるアカシックレコード的なの)を手に入れて使用するテーマです。

そんな大ボスのテーマがCOLLECTION PACK 2020にてこの度ついにOCG化される事となりました。

今回はその【ヌメロン】について紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

テーマ特徴:ヌメロン・ネットワークが核となる

テーマの特徴を挙げると以下の通りです

・形容しがたい無機質な構造物のテーマである

・メインデッキのモンスターは1枚のみで多くのモンスターがエクシーズである

・フィールド魔法「ヌメロン・ネットワーク」を核に動いていく

・エクシーズモンスター4体のステータスや効果がなんとまったく同じ

・条件が揃えば一気に4体のエクシーズが揃いそこから様々な動きが可能

・はいはい我のせい我のせい

 

いずれも形容詞しがたい構造物といった感じでなんとも無機質な見た目が揃っています。

自分の勉強不足なのですが何かモチーフがあったりするんでしょうか。

テーマのほとんどがナンバーズでありこれらのモンスターの登場により

遂にOCGにNo.1~100までの全てのナンバーズが揃う事となりました。

 

ちなみにヌメロンの名前の由来は「numero(ヌメロ)」であり

ギリシャ語で「数字」や「数える」を意味します。

ナンバーの略称である「No.」という字はこのnumeroの最初と最後の文字を取ってつけられています。

まさにナンバーズを象徴する単語だと言えるでしょう。

 

4体並べて攻撃力を上げて物理で殴ればいい

エーカム、ドゥヴェー、トゥリーニ、チャトゥヴァーリの4体のナンバーズは

アニメにおいてまったく同じステータスや効果からよくコピペコピペ言われていましたが

なんとOCG化においてもランク、種族、属性、攻撃力守備力、そして効果がまったく同じです。

まったく同じステータスのモンスターが4体同時にOCG化されるというのはある種前代未聞です。

違いはNo.1 ゲート・オブ・ヌメロン-エーカムのみランクアップ先が用意されている事だけです。

 

この4体のナンバーズはフィールド魔法「ヌメロン・ネットワーク」がある状態で

ヌメロン・ダイレクトを発動する事で一気に4体同時に特殊召喚する事が可能です。

新マスタールール改定されてよかったですね

これらのナンバーズは全て戦闘破壊耐性とモンスターとの戦闘後

全てのヌメロンモンスターの攻撃力をそのターンの間倍にする効果を持っており

攻撃すれば攻撃するほど攻撃力が倍々ゲームになっていきます。

3体目であれば4000、4体目ともなると8000の攻撃力となり

相手の場次第では1ターンキルも十分に狙えます。

この4体並べて攻撃力を高めて殴りぬけるという脳筋戦法をしかけていく事が

【ヌメロン】の基本的な動きになってきます。

 

ヌメロン・ネットワークを守り抜け

上記の動きの大前提として必要になってくるのがフィールド魔法「ヌメロン・ネットワーク」です。

その効果は発動条件を満たしているヌメロンと名の付く魔法カードを

デッキから墓地に送る事でその効果をコピーするというものと

ヌメロンエクシーズの効果をオーバーレイユニットなしで発動できるというもので

このカードの存在がヌメロン・ダイレクトの発動条件になっている点、

ヌメロン・ダイレクトで出したエクシーズはオーバーレイユニットを持たない点から

二重の意味で必須になってくるカードです。

 

とにもかくにもまずこのカードを場に出す事が最優先となってくるので

デッキからヌメロン・ネットワークをサーチできるヌメロン・ウォールは勿論、

フィールド魔法をサーチできるテラ・フォーミングや惑星探索者なども出来る限り投入して

少しでも初手に持ってくる確率を高めるのがいいでしょう。

幸いこのテーマは召喚権をあまり必要としないため惑星探索者も問題なく採用できます。

 

そして発動したら今度はヌメロン・ネットワークを守る必要が出てきます。

ヌメロン・ウォールによって相手エンドフェイズに場に出す事が出来るので

スペルスピード1の除去などは撃たれる前に自分ターンに動く事は可能ですが

サイクロンをはじめとするフリーチェーンの魔法罠除去は天敵となってきます。

神の宣告などで魔法罠除去からヌメロン・ネットワークを守れるかがカギとなってくるでしょう。

 

 

ヌメロン・ネットワークさえ守る事が出来ればそこから4体のエクシーズを並べて

攻撃力を高めて総攻撃をしかける事もできますし

CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャに繋げて全体除去をしかける事も可能です。

またその後1回しか特殊召喚できなくなるという制約こそ発生するものの

4体のエクシーズを素材に別のカードを出すこともできるので非常に爆発力のあるテーマです。

同時にメインデッキに入るカードの種類が少ない為デッキ構築の自由度も非常に高いです。

ヌメロン・ネットワークの発動、維持に特化した構築をしてもいいですし

ヌメロン・ネットワークとは別の勝ち筋を用意しておくのも面白いでしょう。

是非とも自分だけの【ヌメロン】を作り上げて世界を我が物にしましょう。

 

スポンサーリンク

 

個人的に相性がいいと思うカード

SNo.0 ホープ・ゼアル

エクシーズ・効果モンスター
ランク0/光属性/戦士族/攻 ?/守 ?
同じランクの「No.」Xモンスター×3
ルール上、このカードのランクは1として扱う。
このカードは手札の「RUM」通常魔法カード1枚を捨て、
自分フィールドの「希望皇ホープ」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードのX召喚は無効化されない。
②:このカードのX召喚成功時には、相手は効果を発動できない。
③:このカードの攻撃力・守備力はこのカードのX素材の数×1000アップする。
④:相手ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このターン相手は効果を発動できない。

同じランクのナンバーズ3体でエクシーズ召喚できるナンバーズです。

ヌメロン・ダイレクトから4体のナンバーズを出す事でそのままこのカードに繋げられると

【ヌメロン】では非常に出しやすいカードになっています。

最大で3ターンもの間相手ターン中の効果の発動を封じるというものであり

高い制圧力は勿論の事ヌメロン・ネットワークを守る事にも貢献してくれます。

ちなみに素材は3体に指定されているのでむしろ出したナンバーズが1体余ります。

ヌメロン・ダイレクトの制約で他の素材にする事も出来ないので大人しく除外されておくか

ウイルスカードあたりのコストにでもしましょう。

 

リミッター解除

速攻魔法
①:自分フィールドの全ての機械族モンスターの攻撃力は、ターン終了時まで倍になる。
この効果が適用されているモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。

機械族モンスターの攻撃力をターン終了時まで倍にする速攻魔法です。

ヌメロンナンバーズはいずれも機械族であり4体目であれば攻撃力は1600にもなると

より1ターンキルが狙いやすくなります。

ヌメロンナンバーズの効果は相手モンスターに攻撃しないと発動しないので

1、2体目あたりはあえて相手モンスターを破壊しないようにして

途中からこのカードで攻撃力を倍にするといいでしょう。

 

大欲な壺

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:除外されている自分及び相手のモンスターの中から合計3体を対象として発動できる。
そのモンスター3体を持ち主のデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

除外されているモンスター3体をデッキに戻して1枚ドローできる速攻魔法です。

【ヌメロン】は一気に4体ものナンバーズを同時に特殊召喚する関係上

エクストラデッキの消耗が激しく、他のEXデッキのカードも採用しようとすると簡単にカツカツになります。

このカードのようにCNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャで除外した後に

使いまわす手段を確保しておいた方がいいでしょう。

なおシニューニャで除外した後に元に戻す手段としてこのカードを挙げましたが

別のカードに繋げるのをメインにするならば貪欲な壺あたりの方がいいでしょう。

 

希望の記憶

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「No.」Xモンスターの種類の数だけ、自分はデッキからドローする。

場に出ているナンバーズの数だけデッキからドローできる通常魔法です。

【ヌメロン】の場合ヌメロン・ダイレクトから一気に4体のナンバーズを並べる事が可能であり

その状態で発動する事で一気に4枚ものドローが可能となります。

 

カードリスト

ヌメロン・ウォール
効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「ヌメロン・ウォール」以外のカードが自分フィールドに存在しない場合、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
手札・デッキから「ヌメロン・ネットワーク」1枚を選んで発動する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、そのダメージステップ終了後にバトルフェイズを終了する。

 

No.1 ゲート・オブ・ヌメロン-エーカム
エクシーズ・効果モンスター
ランク1/光属性/機械族/攻1000/守 100
レベル1モンスター×3
①:このカードは戦闘では破壊されない。
②:このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時に
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分フィールドの全ての「ヌメロン」モンスターの攻撃力はターン終了時まで倍になる。

 

No.2 ゲート・オブ・ヌメロン-ドゥヴェー
エクシーズ・効果モンスター
ランク1/光属性/機械族/攻1000/守 100
レベル1モンスター×3
①:このカードは戦闘では破壊されない。
②:このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時に
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分フィールドの全ての「ヌメロン」モンスターの攻撃力はターン終了時まで倍になる。

 

No.3 ゲート・オブ・ヌメロン-トゥリーニ
エクシーズ・効果モンスター
ランク1/光属性/機械族/攻1000/守 100
レベル1モンスター×3
①:このカードは戦闘では破壊されない。
②:このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時に
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分フィールドの全ての「ヌメロン」モンスターの攻撃力はターン終了時まで倍になる。

 

No.4 ゲート・オブ・ヌメロン-チャトゥヴァーリ
エクシーズ・効果モンスター
ランク1/光属性/機械族/攻1000/守 100
レベル1モンスター×3
①:このカードは戦闘では破壊されない。
②:このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時に
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分フィールドの全ての「ヌメロン」モンスターの攻撃力はターン終了時まで倍になる。

 

CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャ
エクシーズ・効果モンスター
ランク2/闇属性/機械族/攻2000/守1000
レベル2モンスター×4
このカードは自分フィールドの
「No.1 ゲート・オブ・ヌメロン-エーカム」の上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードがX召喚に成功した場合に発動する。
フィールドのモンスターを全て除外する。
②:このカードが除外された場合、次の自分スタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。
自分のフィールドゾーンに「ヌメロン・ネットワーク」が存在する場合、
さらに除外されている自分・相手のXモンスターの攻撃力の合計分のダメージを相手に与える。

 

ヌメロン・ネットワーク
フィールド魔法
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに、発動条件を満たしている「ヌメロン」通常魔法カード1枚を
デッキから墓地へ送って発動できる。
この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。
②:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分フィールドの「ヌメロン」XモンスターがX素材を取り除いて効果を発動する場合、
X素材を取り除かずに発動する事もできる。

 

ヌメロン・ダイレクト
通常魔法
①:自分のフィールドゾーンに「ヌメロン・ネットワーク」が存在し、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
EXデッキから「ゲート・オブ・ヌメロン」Xモンスターを4体まで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は1回しかモンスターを召喚・特殊召喚できない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました