遊戯王OCGカード考察:《堕天使ネルガル》トレード・イン対応な共通効果持ち堕天使!

今回紹介するのはRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

堕天使ネルガル
効果モンスター
星8/闇属性/天使族/攻2700/守2500
自分は「堕天使ネルガル」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の天使族モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
②:1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
その魔法・罠カードの効果を適用する。
その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

wiki

 

【堕天使】の新規となる闇属性天使族のレベル8モンスターです。

黒い炎のような体を持つアンデッドのような堕天使です。

赤く光る眼がなんとも不気味で威圧感があります。

ネルガルとはメソポタミア神話に伝わる冥界の神で疫病や戦争などを司ります。

機動戦艦ナデシコの企業の名前にもなってたりしますね。

 

スポンサーリンク

天使族全体に貫通効果を付与

自分は「堕天使ネルガル」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
その魔法・罠カードの効果を適用する。
その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

多くの堕天使が共通で持っている制約として1ターンに1度しか特殊召喚ができません。

悦楽の堕天使で相手の場に特殊召喚する場合でもこの制約は適用されるので

そのターン何を特殊召喚したかはよく把握しておく必要があります。

 

またこれも多くの堕天使が共通で持っている効果ですが

ライフを1000払い墓地の「堕天使」と名の付く魔法罠をデッキに戻す事で

フリーチェーンでその効果を適用する事が可能です。

【堕天使】における主軸となる効果であり上手く墓地を肥やせば積極的に発動が狙えますが

回数が嵩むとライフコストも馬鹿にならない為そのあたりをどうフォローするかが大事になってきます。

 

①:自分の天使族モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

①の効果は自分の場の天使族全員に効果を付与するというものです。

【堕天使】は蘇生手段が豊富で並べやすい上に攻撃力2500以上の最上級モンスターが多く存在しており

それら全員に貫通効果を付与できるのはダメージを与える期待値を飛躍的に高めてくれます。

リンクモンスターには通用しませんが

SRメンコートのような表示形式変更カードと組み合わせてみるのもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

レベル8なのも美味しい

固有効果そのものは直接アドバンテージに繋がるものではありませんが

ライフコストをバカスカ消費していく【堕天使】では短期決戦を決めたい状況も多く

守りを固めた相手に対する1つの手段として機能します。

また多くのカードが1ターンに1度しか特殊召喚出来ない制約を持つ【堕天使】にとっては

特殊召喚出来る共通効果持ちの候補が1体増えるというのもありがたい点です。

 

このカード自体は他の共通効果持ちの堕天使と違い手札から捨てる効果は持っていませんが

レベル8という事でトレード・インに対応しています。

同じくレベル8の堕天使に堕天使スペルビアや堕天使ゼラートと一緒に採用する事で

よりトレード・インも使いやすくなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました