遊戯王OCGカード考察:《暗黒騎士ガイアソルジャー》思った以上に器用な奴です

今回紹介するのはRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

暗黒騎士ガイアソルジャー
効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2600/守2100
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのドラゴン族の融合モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示にする。
③:このカードをリリースして発動できる。
デッキから「暗黒騎士ガイアソルジャー」以外の
レベル7以上の戦士族モンスター1体を手札に加える。

wiki

 

暗黒騎士ガイアの派生となる闇属性戦士族のレベル8モンスターです。

エロ同人のオチ思いつかなかったからジョジョパロにしたわ

暗黒騎士ガイアが馬から降り、二刀流のランスの代わりに

三又の大きな槍を右手に構えています。

名前的に暗黒騎士ガイアとカオス・ソルジャーがミックスしたような存在なのでしょう。

 

スポンサーリンク

自身をリリースして最上級戦士族サーチ

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのドラゴン族の融合モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

①の効果は1ターンに1度、自分の場のドラゴン族融合モンスターをリリースする事で

自身を手札から特殊召喚できるという自己展開効果です。

手っ取り早いのは簡易融合でドラゴンに乗るワイバーンあたりでも出してしまう事です。

またフリーチェーンで発動できるので竜魔道騎士ガイアなどが除去されそうになった場合に

リリース・エスケープの形で特殊召喚する事も可能です。

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示にする。

②の効果は1ターンに1度、特殊召喚した場合に

場のモンスター1体を守備表示にする表示形式変更効果です。

自身の攻撃力が2600ある関係で

「攻撃力3000、守備力2500」みたなステータスのモンスター相手にも戦闘破壊が狙えます。

また①の効果などで相手ターンに特殊召喚をする事で

相手の攻撃の妨害としても機能します。

例によって守備表示にならないリンクモンスターには効果がない点には注意です。

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードをリリースして発動できる。
デッキから「暗黒騎士ガイアソルジャー」以外の
レベル7以上の戦士族モンスター1体を手札に加える。

③の効果は1ターンに1度、自身をリリースする事で

同名カード以外のレベル7以上の戦士族1体を手札に加えるサーチ効果です。

最上級モンスターであるこのカードをわざわざリリースするのは勿体ない感じもしますが

砲撃のカタパルト・タートルから直接デッキから特殊召喚する事も可能であり

あちらを経由すれば実質的に「召喚権と引き換えにレベル7以上の戦士族サーチ」と機能します。

レベル7の暗黒騎士ガイアの他に

伝説のフィッシャーマン3世やD-HERO Bloo-Dなどのサーチも可能です。

 

基本は砲撃のカタパルト・タートルから

一見パッとしないカードに見えますが

前述の通り砲撃のカタパルト・タートルからのリクルートが可能であり

表示形式を変更しつつランク8のエクシーズ素材や最上級戦士族のサーチ、

単純に2600打点としての運用など結構幅広い用途で使っていく事が可能です。

 

また「竜魔道騎士ガイアなどのリリース・エスケープに使える」というのも結構ポイントで

除外やバウンスなどをされそうになった時にこのカードで無理やり墓地へ送る事で

螺旋蘇生などに繋げる事が出来るのは覚えておいて損はありません。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    ○○研のジョジョパロクオリティ高くて好きですw

タイトルとURLをコピーしました