遊戯王OCGカード考察:《天幻の龍輪(てんげんのりゅうりん)》展開の為に効果モンスターどかしたり直接墓地に送ったり

今回紹介するのはRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

天幻の龍輪
速攻魔法
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの幻竜族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから幻竜族モンスター1体を手札に加える。
効果モンスター以外のモンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、
手札に加えず効果を無効にして特殊召喚する事もできる。
②:自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、
自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「天威」カード1枚を手札に加える。

wiki

 

【天威】用のサポートとなる速攻魔法です。

天威の拳僧がサタデーナイトフィーバーして全身からエネルギーを走らせています。

天に浮かぶ金色の輪は恐らく天威龍-サハスラーラでありそこから力を授かっているのでしょう。

カード名からして「虚ろなる龍輪」の対を意識していると思われます。

 

スポンサーリンク

2つの効果でそれぞれサーチ

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの幻竜族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから幻竜族モンスター1体を手札に加える。
効果モンスター以外のモンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、
手札に加えず効果を無効にして特殊召喚する事もできる。

①の効果は1ターンに1度、自分の場の幻竜族1体をリリースする事で

デッキから幻竜族1体を手札に加えるサーチ効果です。

この際に効果を持たない幻竜族をリリースした場合には

サーチの代わりに効果無効にしてデッキから特殊召喚する事も可能です。

リクルート効果を使いたい場合には天威の拳僧の他に

タツノオトシオヤのトークンをリリースする手もあります。

どちらの場合でもそのまま使うとディスアドバンテージとなってしまいますが

速攻魔法なのでリリースエスケープの形で発動すると無駄がありません。

またメインデッキの天威モンスターは効果モンスターがいない場合に自己展開が出来るので

それらを出す為に場の効果モンスターをどかす用途にも活用できます。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、
自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「天威」カード1枚を手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、

メインフェイズ時に自分の場に効果を持たないモンスターがいる場合に

墓地から除外する事でデッキから天威と名の付くカード1枚を手札に加えるサーチ効果です。

【天威】における万能サーチですが虚ろなる龍輪はサーチ対象外な点に注意です。

①の効果とは1ターンにどちらか片方しか発動できないので

相手ターンに①の効果を発動、自分ターンに②の効果発動といった感じの工夫をするといいでしょう。

 

②の効果だけでも有用

モンスター1体をリリースする必要がありますが

①と②の効果と合わせて合計2回サーチ効果が発動であり結果として

「多少のタイムラグがあるけど幻竜族1体リリースで幻竜族と天威をそれぞれ1枚サーチ」という性能で

リクルートにも繋げられる点やリリースエスケープできる点も含めて

【天威】にとって使いやすいサーチ効果となっています。

②の効果だけでも十分に有用なのでおろかな副葬などで直接墓地に落とすのもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました