遊戯王OCGカード考察:《『焔聖剣(えんせいけん)-デュランダル』》非常に使いやすい2つの効果

今回紹介するのはRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

『焔聖剣-デュランダル』
装備魔法
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが装備されている場合に発動できる。
デッキからレベル5以下の戦士族・炎属性モンスター1体を手札に加える。
その後、このカードを破壊する。
②:装備モンスターが墓地へ送られた事でこのカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地のレベル5以下の戦士族・炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は戦士族モンスターしか特殊召喚できない。

wiki

 

聖剣の新規となる装備魔法です。

焔聖騎士-ローランの持っていた剣が美術館に展示されています。

焔聖剣はいずれもこのように展示され人々の注目を浴びているようなイラストとなっています。

恐らくは伝説の剣として未来にも伝えられているのでしょう。

 

スポンサーリンク

炎属性戦士族をサーチor墓地の炎属性戦士族を蘇生

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが装備されている場合に発動できる。
デッキからレベル5以下の戦士族・炎属性モンスター1体を手札に加える。
その後、このカードを破壊する。

①の効果は1ターンに1度、このカードが装備されている場合に

デッキからレベル5以下の炎属性戦士族を手札に加えた後自身を破壊するというものです。

装備しているモンスターは何でもよく発動前に除去を撃たれる危険性こそあるものの

実質的に「場にモンスターがいる場合にレベル5以下の炎属性戦士族をサーチできる効果」

と考えていいでしょう。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:装備モンスターが墓地へ送られた事でこのカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地のレベル5以下の戦士族・炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、

このカードを装備した状態で装備モンスターが墓地へ送られた場合に

墓地からレベル5以下の炎属性戦士族を特殊召喚する蘇生効果です。

装備させたモンスターを各種素材にする事で効果の発動が狙えますが

エクシーズ素材にした場合には墓地へ送られた扱いにならない点には注意してください。

【焔聖騎士】であればシンクロ素材にする事で墓地に送るのが基本となるでしょう。

焔聖騎士導-ローランのシンクロ召喚に繋げた後にこの効果で墓地からレベル4のモンスターを蘇生する事で

そのまま焔聖騎士帝-シャルルのシンクロ召喚へと繋げる事が可能です。

 

この効果の発動後、ターン終了時まで自分は戦士族モンスターしか特殊召喚できない。

制約として発動したターンは戦士族しか特殊召喚出来ない制約が発生します。

効果的にも戦士族をメインとするデッキで活用するのが基本となるでしょう。

聖騎士以外のデッキにも

これは焔聖剣全般に言える事ですが

①の②の効果は発動条件的にもターン制限的にもトレードオフの関係となります。

どちらか片方しか発動できないとはいえサーチor蘇生とどちらもシンプルに有用な効果であり

状況に合わせて使い分けていく事が可能です。

 

特に①の効果は②の効果と違い特殊召喚に関する制約も発生しないので

焔聖騎士に限らず炎属性戦士族を採用しているデッキ全般で有用で

【イグナイト】や【バーニングナックラー】などの炎属性戦士族のテーマは勿論の事

【超量】でも超量士レッドレイヤー用のサーチカードとして活用が可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました