遊戯王OCGカード考察:《呪われし竜-カース・オブ・ドラゴン》螺旋融合をサーチしてそのまま融合召喚へ!

今回紹介するのはRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

呪われし竜-カース・オブ・ドラゴン
効果モンスター
星5/闇属性/ドラゴン族/攻2000/守1500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「竜騎士ガイア」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:このカードが墓地へ送られた場合、
自分フィールドの「竜騎士ガイア」1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ、
相手フィールドの全ての表側表示のモンスターの効果はターン終了時まで無効化される。

wiki

 

カース・オブ・ドラゴンの派生となる闇属性ドラゴン族のレベル5モンスターです。

元のカース・オブ・ドラゴンに比べて翼が大きくなっていたり

尻尾の棘部分が増えていたりとより迫力が増したデザインになっています。

 

スポンサーリンク

サーチしつつ相手モンスターの効果を無効

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「竜騎士ガイア」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚した場合に

効果のテキストに「竜騎士ガイア」の文字がある魔法罠を手札に加えるサーチ効果です。

現時点では「螺旋融合」「螺旋槍殺」「走破するガイア」「螺旋蘇生」「螺旋砲撃」が該当します。

特にこのカードを素材に融合召喚に繋げられる螺旋融合がサーチする筆頭候補となるでしょう。

既に竜魔道騎士ガイアが場に出ている場合などには螺旋槍殺や走破するガイアあたりもオススメです。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地へ送られた場合、
自分フィールドの「竜騎士ガイア」1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ、
相手フィールドの全ての表側表示のモンスターの効果はターン終了時まで無効化される。

②の効果は1ターンに1度、墓地へ送られた場合に

自分の場の竜騎士ガイア1体を選択、

その竜騎士ガイアの攻撃力以下の相手の表側表示モンスターの効果を

そのターンの間無効にしてしまうというものです。

螺旋融合などでフィールドから融合素材にする事でそのままこの効果に繋げる事が可能であり

その場合竜騎士ガイアの攻撃力が5200にまでなっているので

大半のモンスターの効果を無効にする事が可能です。

破壊耐性などを無効にして戦闘破壊などを狙えるようになりますし

低い攻撃力を効果で強化する系統のモンスターであれば1ターンキルも十分に狙えるようになります。

 

妨害手段としても活用可能

特に魔道騎士ガイアとの相性が抜群であちらの効果でこのカードを特殊召喚すれば

そのまま螺旋融合をサーチして竜魔道騎士ガイアの融合召喚に繋げる事が可能です。

このカードと魔道騎士ガイアから竜魔道騎士ガイアを出す事が

【暗黒騎士ガイア】における基本的な動きの1つとなってくるでしょう。

 

また②の効果は竜騎士ガイアさえ場にいればどこから墓地へ送られても発動します。

サンダー・ブレイクなどで手札から捨てたり、戦線復帰などで終末の騎士を蘇生したりと

フリーチェーンで手札やデッキからこのカードを捨てる事で

相手の展開の妨害としても機能させる事が可能です。

既に竜騎士ガイアを場に出している場合には意識しておくといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました