遊戯王OCGカード考察:《悦楽の堕天使》送り付けたモンスターをどう利用するかが鍵

今回紹介するのはRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

悦楽の堕天使
効果モンスター
星4/闇属性/天使族/攻1600/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「悦楽の堕天使」以外の、
レベルが異なる「堕天使」モンスター2体を選び、
その内の1体を相手フィールドに守備表示で特殊召喚し、
もう1体を自分の手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は天使族以外のモンスターの効果を発動できない。

wiki

 

【堕天使】の新規となる闇属性天使族のレベル4モンスターです。

不気味な笑みを浮かべる片翼、片角の女性堕天使です。

この特徴は享楽の堕天使とも一致していますが

こちらは翼と角の位置が左右で分かれているのが特徴的です。

享楽の堕天使ともども神の忠告のイラストに描かれていた女性だと思われます。

改めてみると神の忠告のイラストの時点で「ないわー・・・」的な視線を神に送っており

裏切りフラグがしっかりと立っていた事が伺えます。

天界の暮らしというのは相当に窮屈なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

相手に堕天使を送り込みつつ他の堕天使をサーチ

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「悦楽の堕天使」以外の、
レベルが異なる「堕天使」モンスター2体を選び、
その内の1体を相手フィールドに守備表示で特殊召喚し、
もう1体を自分の手札に加える。

その効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚した場合に

手札かデッキから自身と同名カード以外のレベルが違う堕天使2体を選択、

片方を相手の場に守備表示で特殊召喚師てもう1体を自身の手札に加えるというものです。

一種のサーチ効果とも言えますが相手の場に堕天使を送り付ける必要があり

この際各種堕天使が持つ「1ターンに1度しか特殊召喚出来ない」という制約もしっかり発生します。

送り付ける堕天使はできるだけ特殊召喚するつもりがないのを選びましょう。

 

この効果の発動後、ターン終了時まで自分は天使族以外のモンスターの効果を発動できない。

制約として効果を発動したターンは

天使族以外のモンスター効果を利用できません。

効果からも【堕天使】で使う事が基本となりますが

EXデッキから天使族以外のモンスターを活用したい場合などには注意しましょう。

送り付けた堕天使はどうしようか

やはりこのカードを使う上で一番のポイントは送り付けた堕天使をどう活用するかでしょう。

一番シンプルな方法としては強制脱出装置などでバウンスしてしまう事であり

相手に送り付けた堕天使をそのまま自分の手札に加える事が可能です。

 

また好きなレベルの堕天使を相手のフィールドに送り付ける事が出来るので

堕天使降臨で任意の堕天使の特殊召喚が狙えるようになります。

他には超融合で黎明の堕天使ルシフェルなどの融合素材にしてしまう、

帝王の烈旋でアドバンス召喚のリリース要員にしてしまう、

守備力の低い堕天使を送り付けて堕天使ネルガルなどで貫通ダメージを狙うといった利用法もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました