遊戯王OCGカード考察:《魔道騎士ガイア》カース・オブ・ドラゴン蘇生から色々できます

今回紹介するのはRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

魔道騎士ガイア
効果モンスター
星7/光属性/戦士族/攻2300/守2100
このカード名はルール上「暗黒騎士ガイア」カードとしても扱う。
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
または相手フィールドに攻撃力2300以上のモンスターが存在する場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・墓地からドラゴン族・レベル5モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

wiki

 

暗黒騎士ガイアの派生となる光属性戦士族のレベル7モンスターです。

 

このキャラ貧乳だけど同人誌で乳盛るわ

 

真っ赤な馬にまたがり真っ赤なランスを二刀流で持つガイアです。

馬がほぼ直立な姿勢でも普通にまたがっておりまさに人馬一体といった感じです。

「魔導騎士」ではなく「魔道騎士」である点には注意してください。

 

リリースなしで場に出つつレベル5ドラゴン族を蘇生

このカード名はルール上「暗黒騎士ガイア」カードとしても扱う。

まずルール状暗黒騎士ガイアと名の付くカードとしても扱う効果外テキストを持っています。

これにより竜魔道騎士ガイアや天翔の竜騎士ガイアの融合素材になれたり

砲撃のカタパルト・タートルで特殊召喚が可能です。

他にも混沌の使者によって打点を強化できたり

混沌の場や走破するガイアでサーチできたりといった様々な恩恵があります。

 

 

①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
または相手フィールドに攻撃力2300以上のモンスターが存在する場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。

①の効果は自分の場にモンスターが存在しないか

相手の場に攻撃力2300以上がいる場合にリリースなしで召喚できるリリース軽減です。

大抵のエースモンスターは攻撃力2300を超えるので

「自分の場にモンスターがいないか相手がエースを出していれば召喚可能」

ぐらいに思っておけば大体間違ってはいないでしょう。

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・墓地からドラゴン族・レベル5モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚した場合に

手札か墓地からレベル5のドラゴン族を守備表示で特殊召喚できるというものです。

レベル5未満でもレベル5超過でもなくピンポイントでレベル5を特殊召喚する必要があります。

この際獄炎のカース・オブ・ドラゴンを特殊召喚すれば

そのまま竜魔道騎士ガイアなどの融合召喚が狙えますし

呪われし竜-カース・オブ・ドラゴンを特殊召喚すれば走破するガイアや螺旋融合がサーチできます。

暗黒騎士ガイア以外のデッキで活用する場合には

例えば転生竜サンサーラあたりの蘇生が可能です。

 

スポンサーリンク

ガイアデッキの主軸の1つ

相手の場に2300打点以上がいなければこのカードによる戦闘破壊が狙いやすいですし

2300打点以上がいる場合には暗黒騎士ガイアロードと一緒に並ばせる事で

ランク7のエクシーズ召喚を狙う事が可能です。

前述のように獄炎のカース・オブ・ドラゴンを特殊召喚すれば融合召喚も狙えるので

場にさえ出せるのなら様々な動きが可能です。

総じて【ガイア】デッキを組むのであれば主軸になりうる性能を持っていると言えるでしょう。

本領を発揮するのであれば

墓地から獄炎のカース・オブ・ドラゴンや呪われし竜-カース・オブ・ドラゴンを蘇生したいので

これらを墓地へ送る手段も用意しておけばより活躍させやすいです。

 

現状ではレベル5のドラゴン族で特殊召喚するうま味があるのは

ほぼカース・オブ・ドラゴン関連のカードですが

もし今後場に出したいレベル5ドラゴン族が増えてくれば

他のデッキに出張させるメリットも増えるでしょう。

今でもダイナレスラー・パンクラトプスあたりとは一緒に並ばせやすいので

ランク7のエクシーズ召喚を狙うのであれば候補に入ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました