遊戯王カード考察:《1アップ》レベル1の壁は割と生き残る場面も多いです

今回紹介するのはデッキ改造パック 超速のラッシュロード!!よりこのカードです。

 

 

カード説明

1アップ
罠カード
【条件】自分フィールドのモンスターが相手の攻撃または相手の効果で破壊された時に発動できる。
【効果】自分の墓地の通常モンスター(レベル1)1体を選び、
自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。

レベル1通常モンスター用のサポートとなる通常罠です。

 

もけもけがレベルアップ的な光に包まれています。

たしかにレベル1の通常モンスターですね。

ラッシュデュエルに登場してもいい気がしますが果たして・・・。

 

 

墓地からレベル1通常モンスターを蘇生

スポンサーリンク

 

【条件】自分フィールドのモンスターが相手の攻撃または相手の効果で破壊された時に発動できる。
【効果】自分の墓地の通常モンスター(レベル1)1体を選び、
自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。

その効果は自分の場のモンスターが相手の攻撃か効果で破壊された時に

墓地のレベル1通常モンスターを特殊召喚する蘇生効果です。

該当する通常モンスターは現時点で

はぐれ使い魔、手乗りドラコ、プチモス、ワイト、古の守り亀の5体です。

基本的にこれらを主軸にしうるデッキ、

例えばサターン・キング・ビートルをメインとするレベル1デッキや

火麺上忍ゴックブートをメインとする通常モンスターデッキで活用する事になるでしょう。

 

蘇生できるモンスターのうちはぐれ使い魔、手乗りドラコ、古の守り亀は

守備力が1400あります。

下級モンスターのラインである1500には惜しくも届かない数値ですが

それでも大半の下級モンスターの攻撃は防ぐ事が可能であり

蘇生するタイミングによっては壁として機能するでしょう。

効果を発動するのであれば攻撃力が高いモンスターの攻撃が終わり、

残るは攻撃力の低いモンスターのみ、というタイミングが理想的です。

生き残る事が出来れば次のターンのリリース要員として機能させる事もできます。

 

逆に状況次第では蘇生させたモンスターが単なる壁としてしか機能しない場面も出てきますが

ライフの削りあいが重要なラッシュデュエルにおいては

その「単なる壁」が結構大事だったりします。

それを考えれば壁モンスターを増やす事の出来るこのカードは

思った以上に腐る場面の少ないカードだと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました