遊戯王カード考察:《龍狸燈(ドラクーン・ランプ)》実質的な2000打点で更に強化もできる

今回紹介するのはRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

龍狸燈
効果モンスター
星4/炎属性/幻竜族/攻 500/守2000
①:1ターンに1度、手札から幻竜族モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードの守備力はターン終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:攻撃表示のこのカードが攻撃表示モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
その戦闘ではお互いのモンスターの守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。

wiki

 

炎属性幻竜族のレベル4モンスターです。

龍が描かれた燈を照らして人を驚かせて楽しむ悪戯好きな狸です。

被り物からして恐らくは分福茶釜がモチーフだと思われます。

「ドラグーン」ではなく「ドラクーン」なので注意です。狸だからラクーンというわけですね。

龍に化けている事を現してか獣族ではなく幻竜族となっています。

 

守備力を攻撃力にして攻撃

スポンサーリンク

 

①:1ターンに1度、手札から幻竜族モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードの守備力はターン終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

①の効果は1ターンに1度、手札から幻竜族1体を捨てる事で

そのターンの間守備力を1000アップさせる自己強化効果です。

元々の守備力が2000と高めな為この効果で守備力3000にまで到達します。

フリーチェーンで発動できる事からコンバットトリックに活用でき

②の効果を使わなかった場合でも裏守備からの反射ダメージでも結構なダメージが狙えます。

 

②:攻撃表示のこのカードが攻撃表示モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
その戦闘ではお互いのモンスターの守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。

②の効果はお互いに攻撃表示の状態で戦闘を行うダメージ計算時に

お互いの守備力を攻撃力扱いとしてダメージ計算を行うというものです。

超重武者の効果とよく似ていますがこちらはちゃんと攻撃表示の状態で攻撃するのと

自分だけでなく相手にも守備力を参照させるのが特徴です。

 

天敵は超重武者

スポンサーリンク

 

実質的な2000打点のアタッカーであり相手モンスターも守備力を参照させる為

相手モンスターの攻撃力が守備力より低ければさらに破壊可能な範囲が広がります。

更に手札コストが必要ですが①の効果も発動すれば実質的な3000打点としても機能する為、

幻竜族デッキにおいては下級モンスターのアタッカーとしてはかなり強力です。

 

ただし相手が攻撃表示でなければ発動しない為、

守備表示のまま攻撃してくる超重武者あたりは天敵で500打点しかない所を思いっきりぶん殴られます。

あと相手の攻撃力と守備力を入れ替えるというのも気になる所で

これ守備力を持たないリンクモンスター相手だとどうなるのでしょうね?

なんとなく発動自体ができなさそうなんですけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました