遊戯王カード考察:《デストーイ・クルーエル・ホエール》対象耐性持ちに干渉できるようになりました

今回紹介するのはRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

デストーイ・クルーエル・ホエール
融合・効果モンスター
星9/水属性/悪魔族/攻2600/守2400
「エッジインプ」モンスター+「ファーニマル」モンスター
①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで破壊する。
②:1ターンに1度、自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。
デッキ・EXデッキから
「デストーイ・クルーエル・ホエール」以外の「デストーイ」カード1枚を墓地へ送り、
対象のモンスターの攻撃力はターン終了時まで、自身の元々の攻撃力の半分だけアップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

wiki

 

デストーイの新規となる水属性悪魔族のレベル9融合モンスターです。

尻尾や胴体、腹部などが鎌状になったシャチの縫いぐるみです。

中身の凶悪な目つきとは別にある縫いぐるみのつぶらな瞳が逆に不気味さを漂わせています。

見た目からしてファーニマル・ドルフィンとエッジインプ・サイズの融合体ですね。

ホエールとは鯨の事ですがこの場合シャチ(キラーホエール)の事だと考えていいでしょう。

クルーエルとは「残虐な」「無慈悲な」を意味する言葉です。

何ていうかいかにもデストーイなネーミングです。

 

融合召喚時にお互いのカードを選んで破壊

「エッジインプ」モンスター+「ファーニマル」モンスター

融合素材にはエッジインプとファーニマルそれぞれ要求します。

デストーイ・ハーケン・クラーケンやデストーイ・デアデビルと同じ素材指定ですが

このカードは特にエッジインプ・サイズにより相手ターンに融合召喚するのに向いています。

 

 

①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで破壊する。

①の効果は融合召喚時に

自分と相手のフィールドのカードをそれぞれ1枚ずつ破壊するというものです。

デストーイ・シザー・タイガーに比べると破壊できる相手カードが1枚だけで

自分のカードも巻き込む必要がありますがその代わり対象に取らない破壊となっています。

またあちらよりも融合素材の指定が緩くエッジインプ・サイズなどで相手ターンに融合召喚する事で

展開の妨害としても使えるのがポイントです。

自分のカードを破壊してしまう点も墓地のエッジインプ・サイズを身代わりにする事でフォロー可能です。

 

 

②:1ターンに1度、自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。
デッキ・EXデッキから
「デストーイ・クルーエル・ホエール」以外の「デストーイ」カード1枚を墓地へ送り、
対象のモンスターの攻撃力はターン終了時まで、自身の元々の攻撃力の半分だけアップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

②の効果は1ターンに1度、

デッキかEXデッキからデストーイと名の付くカードを墓地へ送り、

自分の融合モンスター1体の攻撃力をそのターンの間、

元々の攻撃力の半分アップさせる強化&墓地肥やし効果です。

自身の攻撃力が2600ある為自分に使う事で3900打点として機能します。

墓地肥やしとしても魅力的でありEXデッキからデストーイ融合モンスターを墓地へ送る事で

デストーイ・サーベル・タイガーなどの融合召喚が狙いやすくなりますし

デストーイ・ファクトリーを墓地へ送って魔玩具融合を手札に回収したりも可能です。

また相手ターンにも発動が狙える為、早いペースで墓地肥やしが出来るのもポイントです。

 

スポンサーリンク

対象耐性持ちにも対処が可能に

エッジインプ・サイズと合わせる事で後攻0ターン目から融合召喚をして

相手の展開を妨害できるという新境地に達する事が出来る素敵なカードです。

また対象耐性持ちの対処に悩まされていたファーニマルにとって

貴重な対象を取らない除去手段を持っているのもポイントで

ヴァレルロード・ドラゴンなどへの対処手段として機能してくれます。

前述の通り3900打点として運用する事も可能であり

効果破壊耐性持ちを戦闘で突破できるといったケースも多く、

今までファーニマルにとって手の届かない所に手を届かせてくれる存在です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました