遊戯王カード考察:《混沌魔龍(こんとんまりゅう) カオス・ルーラー》シンクロ召喚するだけでとっても墓地が肥える!

今回紹介するのはRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

混沌魔龍 カオス・ルーラー
シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中から光・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは墓地へ送る。
②:このカード以外の光・闇属性モンスターを1体ずつ、
自分の手札・墓地から除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚されたこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

wiki

 

闇属性ドラゴン族のレベル8シンクロモンスターです。

黒を基調に紫色の大きな翼を持つ全身棘だらけのドラゴンです。

観音のような背中の輪やニコル・ボーラスみたいなポーズがどことなく神々しさを出しています。

 

 

5枚めくって1枚手札に、残りは全部墓地に!

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

シンクロ素材には特に指定がなく

レベルが8になるようにチューナーとチューナー以外のモンスターを揃えればシンクロ召喚可能です。

レベル8のシンクロ召喚を狙うデッキ全般で出す事ができますが

効果を考えると光属性と闇属性を両方活用するデッキ、

特に【カオス】デッキで出すのがより効果的です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中から光・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは墓地へ送る。

②の効果は1ターンに1度、シンクロ召喚した場合に

デッキの上からカードを5枚めくりそこに光属性か闇属性のモンスターがあれば

そのうち1体を手札に、残りのカードは墓地へ送るというものです。

この手のめくったカードに該当カードがあれば手札に加える効果というのはよく見かけますが

そういった効果の大半は残りはデッキに戻すのに対しこの効果はなんと墓地へ送ります。

その為サーチ効果としてだけでなく墓地肥やしとしても非常に優秀です。

仮に属するモンスターがなくとも針虫の巣窟のような感覚で活用する事も可能です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカード以外の光・闇属性モンスターを1体ずつ、
自分の手札・墓地から除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、

墓地か手札から光属性と闇属性を1体ずつ除外する事で墓地から特殊召喚する自己蘇生効果です。

効果こそ発動できないものの各種素材に利用できる他、

単純に攻撃力3000のアタッカーとしても運用する事が可能です。

 

この効果で特殊召喚されたこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

デメリットとしてフィールドから離れた場合に除外されてしまいます。

例によってエクシーズ素材にする事で除外を回避して繰り返し自己蘇生を狙う事が可能です。

 

スポンサーリンク

墓地を肥やしたいデッキに

名前や効果から考えても【カオス】で使うのを想定したカードだと言えるでしょう。

とにかく墓地を肥やしたいカオスにとってサーチしつつ墓地肥やし出来るのは実にありがたく、

またカオス・ソルジャー -開闢の使者-あたりと一緒に並べる事で

ランク8のエクシーズ召喚にも繋げられます。

この際、各種ギャラクシーアイズのエクシーズ召喚に繋げる事で

光属性限定ですが重ねて出す事で除外した分の墓地の損失も補いやすいです。

ただEXデッキの消耗は激しくなるので

大欲な壺など除外ゾーンからEXデッキに戻す手段も確保しておくとより使いまわせるでしょう。

 

【カオス】以外ではライトロードあたりにもオススメです。

ライトロード・アーチャー フェリス などのチューナーもいるのでシンクロ召喚も狙いやすいでしょう。

それ以外のデッキでもとにかく墓地を肥やしたいというデッキであれば

汎用のレベル8シンクロの選択肢として入ってくるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました