遊戯王カード考察:《魔救の奇縁(アダマシア・フレンズ)》すっごーい!キミは岩石族全般で使えるカードなんだね!

今回紹介するのはRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

魔救の奇縁
通常魔法
①:自分フィールドの岩石族モンスターの数+5枚を自分のデッキの上からめくる。
その中からめくったカードの枚数以下のレベルを持つ
岩石族モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は岩石族モンスターしか特殊召喚できない。

 

岩石族用のサポートとなる通常魔法です。

泉の元でアダマシア達がそれぞれのパートナーと共にのんびりと過ごしています。

魔救の追求者とレオナイトは2人して気持ち良さそうにお昼寝しています。

それにしてもラプタイト、元のイラストに比べると一回り小さいようにも見えます。

もしかしてある程度大きさの調節可能なんでしょうか。

 

 

デッキの上から数枚めくって岩石族を手札に

スポンサーリンク

 

①:自分フィールドの岩石族モンスターの数+5枚を自分のデッキの上からめくる。
その中からめくったカードの枚数以下のレベルを持つ
岩石族モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

その効果は自分の場の岩石族の数に5を足した枚数分だけデッキの上からカードをめくり

その中にめくった枚数以下のレベルの岩石族がいればそれを手札に加え

他のカードはデッキの一番下に戻すというものです。

【アダマシア】であればデッキトップを操作すればほぼ任意のカードをサーチ可能であり

他のデッキでも最低でも5枚はめくれる為、レベル4を手札に加える分には問題なく

岩石族メインのデッキであれば何かしらを手札に加えられる期待値は高いでしょう。

場に3体の岩石族がいればレベル8までは手札に加える事が可能であり

ブロック・ドラゴンや礫岩の霊長-コングレードなども手札に加える範囲に入ってきます。

 

 

このカードの発動後、ターン終了時まで自分は岩石族モンスターしか特殊召喚できない。

デメリットとしてカードの発動後は岩石族しか特殊召喚出来なくなる制約が発生します。

この事から岩石族メインのデッキで活用する事になるでしょう。

岩石族メインのデッキでも例えば【ゴゴゴ】あたりは

ゴゴゴゴーストの運用には注意を払う必要があります。

あくまで制約が発生するのは効果を発動した後なのでそのターン岩石族以外を特殊召喚したい場合には

それらを特殊召喚した後でこのカードを発動するといいでしょう。

 

なんだかんだ普通に使いやすいサーチカードです

スポンサーリンク

 

サーチカードとしては不確定な部分があり、制約も発生するものの

最近のカードでは珍しく1ターンに1度の制約がなく

手札にこのカードが複数枚あったとしても問題なく同時に使う事が可能です。

前述の通り岩石族以外を特殊召喚したい場合でも

展開をした後に発動する事で影響を最小限に抑える事が出来るので

【アダマシア】に限らず【ゴゴゴ】や【岩石コアキ】、【磁石の戦士】など

岩石族をメインとするデッキ全般で頼れるカードと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました