遊戯王カード考察:《エッジインプ・サイズ》後攻0ターン目に融合召喚するという境地に達したファーニマル

今回紹介するのはRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

エッジインプ・サイズ
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手メインフェイズに、手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の手札・フィールドから、
「デストーイ」融合モンスターカードによって
決められた手札のこのカードを含む融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
②:自分フィールドの「デストーイ」融合モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

wiki

 

エッジインプの新規となる闇属性悪魔族のレベル3モンスターです。

鎌が3つ連なったような姿をしたエッジインプです。

なんとなくカブトガニを連想させるデザインですね。

 

相手ターンに手札から融合

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手メインフェイズに、手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の手札・フィールドから、
「デストーイ」融合モンスターカードによって
決められた手札のこのカードを含む融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

①の効果は相手メインフェイズ時に1度、このカードを相手に見せる事で

自身を素材に含む融合素材を手札とフィールドから墓地へ送って

デストーイ融合モンスターを融合召喚するというものです。

融合カードなしで融合召喚が出来るのは勿論の事、

フリーチェーンで、しかも手札からなので不意打ち気味に融合召喚が可能という非常に強力な効果です。

この効果で融合召喚するデストーイは

融合召喚と同時に除去が行えるデストーイ・クルーエル・ホイールが筆頭候補となるでしょう。

除去よりも壁の方が大事だと考えた場合には

対象耐性を持つデンジャラス・デストーイ・ナイトメアリーを出すのもいいでしょう。

また相手のライフが残り少ない場合、サンダー・ボルトなどの全体除去に合わせて発動、

デストーイ・デアデビルを無理やり破壊させてバーンダメージを与えるという手もあります。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドの「デストーイ」融合モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

②の効果は1ターンに1度、自分の場のデストーイが戦闘破壊か効果破壊される場合に

墓地から除外する事でその身代わりにできるというものです。

特にお互いのカードを破壊するデストーイ・クルーエル・ホイールを融合召喚した場合に役立つ効果で

この効果で身代わりにする事で相手のカードだけ破壊する事が可能となります。

それ以外でも相手の破壊効果を気にせず動けるようになるのはありがたいです。

 

後攻0ターン目に融合召喚する新境地

スポンサーリンク

 

相手ターン限定とはいえフリーチェーンで手札から直接融合召喚でき

さらに融合モンスターに一時的な破壊耐性も付与できるという相当にハイスペックな融合カードです。

もし初手にこのカードともう1体、融合素材となるファーニマルを手札に確保していれば

相手の先攻1ターン目、つまりはこちらの後攻0ターン目にいきなり融合召喚をし

デストーイ・クルーエル・ホイールによって相手の展開を妨害する事が可能です。

相手としても灰流うららや幽鬼うさぎを警戒できてもこのカードまでは警戒するのは難しく

不意打ち性能としては非常に高いカードです。

【ファーニマル】は元々後攻向けのテーマですが

このカードの登場によって先手を相手に譲る隙が減りさらに後攻向けのテーマになったと言えるでしょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    素材の関係から融合先に縛りが生まれるものの、後攻0tでの融合や相手の全破壊にチェーンして3体素材のサーベルタイガーを出すなど取れる策が増えるのはでかいですね。ターン1の素材になった時の効果を相手ターンでも使えるようになりますし。

タイトルとURLをコピーしました