遊戯王カード考察:《クリボット》ラッシュデュエルにクリボー亜種登場!アドバンス召喚のリリース要員向きの性能!

今回紹介するのはデッキ改造パック 超速のラッシュロード!!よりこのカードです。

 

 

カード説明

クリボット
効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
【条件】自分フィールドにこのカード以外のモンスターがいない場合、
500LPを払って発動できる。
【効果】自分の墓地の「クリボット」1体を選んで手札に加える。

 

闇属性悪魔族のレベル1モンスターです。

ラッシュデュエルにもクリボーの仲間が登場です。

スチームパンク感溢れるクリボー型ロボットです。

遊戯王SEVENSの設定を考えると遊我の御手製ロボットなんでしょうね。

 

ライフコストに墓地から同名カードを回収

スポンサーリンク

 

【条件】自分フィールドにこのカード以外のモンスターがいない場合、
500LPを払って発動できる。
【効果】自分の墓地の「クリボット」1体を選んで手札に加える。

その効果は自分の場に他のモンスターがいない場合に

ライフを500払う事で墓地から同名カードを手札に加える墓地回収効果です。

事前に1体墓地へ送っておく必要がありますが

ラッシュデュエルではハンドアドバンテージを稼げる貴重な効果です。

 

現状のラッシュデュエルではおろかな埋葬のような

デッキのカードをピンポイントで墓地へ送れるカードは存在しないので

セブンスロード・マジシャンのようなランダム性の高い墓地肥やしに頼る以外は

基本的に2枚目以降が手札に来てから効果を発揮できるカードとなります。

効果を発動した後はアドバンス召喚の為のリリース要員にすれば無駄がないでしょう。

 

問題は手札に回収したクリボットの扱いをどうするかでしょう。

5枚になるようにドローできるラッシュデュエルでは手札に残していても勿体ないだけと思われがちですが

発動条件の都合上2体目のクリボットは効果を発動できません。

その為すぐに召喚すれば1体分リリース要員が安い形で最上級のアドバンス召喚に繋げられますが

効果を発動できるのは1回限りとなります。

 

逆に手札に残した場合、ドローできる枚数が1枚減るのでその分はディスアドバンテージとなりますが

次のターンモンスターゾーンに空きがあれば再びクリボットの効果を発動可能です。

毎ターンアドバンス召喚のリリースを安定して1体確保できる事になるので

こちらはこちらでちゃんとしたメリットがあります。

とはいえこちらの使い方をする場合毎ターン500ライフが減る事は留意しておくべきでしょう。

ラッシュデュエルにおいてライフコストは中々に軽視できません。

 

いずれにせよアドバンスのリリース要員としては普通に優秀なので

アドバンス召喚を軸にする場合には十分に採用が検討できるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました