遊戯王カード考察:《ブリザード》最強サイクロンが可能ならあらなる魔法カード対策!

スポンサーリンク

今回紹介するのはRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

ブリザード
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:相手フィールドの表側表示の魔法カード1枚を対象として発動できる。
このターン、そのカード及びそのカードと元々のカード名が同じ魔法カードが
フィールドで発動する効果は無効化される。
このターン中に対象のカードが相手の墓地へ送られる場合、
墓地へは行かず相手の手札に戻る。

wiki

 

汎用の速攻魔法です。

まさにカード名どおりにブリザードが吹き荒れ

マントを付けた男が今にも雪に埋もれかけようとしています。

初期の遊戯王にありそうなぐらいに極めてシンプルなカード名となっています。

この手の名前のカードはサイクロン系統に多く

やはりこのカードも魔法罠に干渉する類の効果になっています。

 

フィールドで発動された魔法カードを無効

スポンサーリンク

 

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:相手フィールドの表側表示の魔法カード1枚を対象として発動できる。
このターン、そのカード及びそのカードと元々のカード名が同じ魔法カードが
フィールドで発動する効果は無効化される。

その効果は1ターンに1度、相手の場の表側表示の魔法カード1枚を指定、

そのターンの間指定したカード及び同名の魔法カードが

フィールドで発動する効果を無効にするというものです。

サンダー・ボルトなどの魔法カードが発動された場合に、それにチェーンして発動する事で

それを無効にする事が可能です。

魔法限定ですが俗にいう「最強サイクロン」が実際にできるカードだと言えます。

あくまでフィールドで発動する効果限定であり

永続魔法のような発動しない効果は無効にできない点には注意です。

 

このターン中に対象のカードが相手の墓地へ送られる場合、
墓地へは行かず相手の手札に戻る。

ただし指定したカードが墓地へ送られる場合、それを相手の手札に戻してしまいます。

その為次のターンには再び発動する事が可能であり

あくまでそのターン防ぐだけの一時しのぎ的な意味あいとなります。

ただしブリリアント・フュージョンのように発動時に墓地へ送られない永続魔法に関しては

このデメリットも関係なく優秀なメタとして機能します。

 

 

あくまで1ターンのみの一時しのぎになる事が多いですが

数多くの魔法カードを無効にできる優秀なカードです。

墓穴の指名者や抹殺の指名者、ハーピィの羽根帚といった汎用性の高いカードは勿論の事、

【閃刀姫】のような魔法カードに強く依存するデッキに対してはより効果的なメタカードとして機能します。

特に1ターンでも耐え凌ぐ事が大きな意味を持つ速攻系のデッキであれば

このカードの価値も高いでしょう。

それでもある程度相手を選ぶカードの類である事は確かなので

どちらかといえばサイドデッキ向けのカードとも言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました