遊戯王カード考察:《カオス・コア》三幻魔をまとめてデッキから墓地送りに出来る墓地肥やし性能!

スポンサーリンク

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-混沌の三幻魔-よりこのカードです。

 

 

カード説明

カオス・コア
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが効果の対象になった時、
または相手モンスターの攻撃対象に選択された時に発動できる。
「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」を
それぞれ1体まで手札・デッキから墓地へ送り、
墓地へ送った数だけこのカードに幻魔カウンターを置き、
このターン自分が受ける戦闘ダメージは0になる。
②:このカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにこのカードの幻魔カウンターを1つ取り除く事ができる。

wiki

 

三幻魔用のサポートとなる闇属性悪魔族のレベル3モンスターです。

GXにおいてユベルが十代戦で使用し

その効果で三幻魔を墓地に送りつつ攻撃を防ぐ壁となり

またカオス・バースト発動の為のリリース要員としても活用されました。

脊椎に悪魔の頭部、そして翼と人間の頭蓋骨が生えたような姿をしています。

どことなく三幻魔の面影がある形状であり

名前通りに三幻魔の核ともいえる部分なのでしょう。

 

三幻魔を墓地へ送りつつ自身を破壊から守る

スポンサーリンク

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが効果の対象になった時、
または相手モンスターの攻撃対象に選択された時に発動できる。
「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」を
それぞれ1体まで手札・デッキから墓地へ送り、
墓地へ送った数だけこのカードに幻魔カウンターを置き、
このターン自分が受ける戦闘ダメージは0になる。

①の効果は1ターンに1度、効果の対象か攻撃対象になった時に

三幻魔をそれぞれ1体まで手札かデッキから墓地へ送る事で

送った数だけ自身に幻魔カウンターを置きつつ自身が受ける戦闘ダメージを0にするというものです。

幻魔カウンターは②の効果の為に必要でありあればあるだけ有用ですが

何よりも三幻魔をデッキから墓地へ送れる墓地肥やしが本命と言えるでしょう。

墓地へ送った三幻魔は次元融合殺の融合素材や

ファントム・オブ・カオスでのコピーなどに活用が可能です。

 

②:このカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにこのカードの幻魔カウンターを1つ取り除く事ができる。

②の効果は戦闘か効果で破壊される場合に

地震の幻魔カウンターを1つ取り除く事でそれを防ぐ事が出来るというものです。

①の効果で3体の三幻魔を墓地へ送っていれば

3回分戦闘と効果破壊に耐えられるので破壊に限れば高い場持ち性能を発揮できます。

 

能動的に墓地肥やしするなら自分から効果の対象に

スポンサーリンク

 

壁としてもそこそこ有用な働きをしてくれますが

やはり本命となるのは①の効果で一気に3体の三幻魔を墓地へ送れる墓地肥やし性能でしょう。

相手の攻撃を誘うのもいいですが破壊以外の除去には弱いので

能動的に発動を狙うのであれば自分で効果の対象にするといいでしょう。

手っ取り早いのは攻撃力1000以下のモンスターを転生炎獣アルミラージにしてしまう方法で

このカードと攻撃力1000以下のモンスターさえ並べれば条件を満たす事が可能です。

暗黒の招来神はその条件を満たせる上にこのカードのサーチと展開まで助けてくれるので

実質的に暗黒の招来神1枚からモンスター2体を並べつつ墓地肥やしを行う事が可能です。

他にもライフコストが必要となりますが亡龍の戦慄-デストルドーも

このカードを対象に取りつつ自己蘇生を行う事が可能です。

 

墓地肥やしをした後はそのまま2体でLINK-2に繋げてしまうのがいいでしょう。

捕食植物ヴェルテ・アナコンダであれば次元融合殺をコピーして

混沌幻魔アーミタイルの融合召喚が狙えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました