遊戯王カード考察:《六花の風花(りっかのかざはな)》六花「私の道連れになってくれよォ!」

今回紹介するのはデッキビルドパック シークレット・スレイヤーズよりこのカードです。

 

 

 

カード説明

六花の風花
永続魔法
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「六花」モンスターがリリースされた場合に発動できる。
相手は自身のフィールドのモンスター1体をリリースしなければならない。
②:相手エンドフェイズに、植物族モンスター以外の表側表示モンスターが
自分フィールドに存在する場合に発動する。
このカードを破壊する。

wiki

 

【六花】用のサポートとなる永続魔法です。

六花聖ティアドロップが何か陣のようなものを展開しています。

結晶のようなパーツが所々に見られる事から傘を変形させて展開させているのかもしれません。

風花とは積もった雪が風などによって舞い散る現象の事で

丁度このイラストも雪が舞い散る様子をイメージしているのでしょう。

 

六花をリリースする時に相手も道連れに

スポンサーリンク

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「六花」モンスターがリリースされた場合に発動できる。
相手は自身のフィールドのモンスター1体をリリースしなければならない。

①の効果は1ターンに1度、六花と名の付くモンスターが自分フィールドでリリースされた場合に

相手にフィールドのモンスター1体のリリースを強制させるというものです。

このリリース強制は相手プレイヤーに直接関与する効果でありフィールドにモンスターが1体しかいなければ

闇黒の魔王ディアボロスのようなリリース耐性を持っていない限り

例え完全耐性を持っていようが問答無用でリリースしなければなりません。

 

リリースするモンスターは相手が選べるため

複数モンスターが並んでいた場合は狙ったモンスターを除去させる事は難しいので

そういった場合はティアドロップなどで他のモンスターを除去してから発動を狙いましょう。

 

あくまで効果の発動にはフィールドの六花がリリースされる必要があり

手札からリリースした場合には効果を発揮しない点には注意です。

 

 

②:相手エンドフェイズに、植物族モンスター以外の表側表示モンスターが
自分フィールドに存在する場合に発動する。
このカードを破壊する。

②の効果は相手エンドフェイズ時に

自分の場に植物族以外の表側表示のモンスターがいた場合に自身を破壊する自壊デメリットです。

自壊を防ぐのであれば植物族以外のモンスターを出した後は

エクシーズ素材にするなりしてフィールドに残らないようにするといいでしょう。

捕食植物ヴェルテ・アナコンダが効果モンスター2体で出せる植物族のLINK-2なので

これのリンク素材にしてしまう手もあります。

 

それでもおジャマトリオなどで

相手にモンスターを送り付けられた場合でも自壊してしまう点には留意しておきましょう。

 

せっかくなら相手ターンにも発動を狙おう

【六花】における除去の要となってくるカードであり

展開の為に自然にリリースをしながら継続的に相手モンスターを除去していく事が可能です。

【六花】には六花精エリカや六花聖カンザシ、六花深々など相手ターンにリリースできるカードもあり

これらを効果的に用いれば自分、相手ターンそれぞれで相手にリリースを強制させる事もできます。

相手ターンにリリースするのは展開の妨害にも繋がる為

できるだけ相手ターンでの発動も狙っていくといいでしょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    俺のジ・アライバルがリリースされた。訴訟。

タイトルとURLをコピーしました